無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年5月 2日 (月)

小林愛実ピアノリサイタル“熱情”
AIMI KOBAYASHI PIANO RECITAL“APPASSIONATA”
5/8
(日)pm2:00
東京オペラシティコンサートホール

シューマン:子供の情景Op.15
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調「悲愴」Op.13
ラヴェル:ソナチネ
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調「熱情」Op.57

110508_2 小林愛実は、ちょうど1年前ショパンイヤーの5月、サントリーホール公演で「14歳のショパンリサイタル」と話題になったが、彼女のピアノ歴は2004年ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級出場最年少の小学3年(8歳)の金賞に始まる。同年ショパン国際ピアノコンクールアジア大会で金賞、翌05年全日本学生音楽コンクールにて小学4年生で優勝…10歳の06年モスクワでモーツァルトのピアノ協奏曲第26番“戴冠式”…昨年2月早くも14歳でEMI ClassicsからCDデビューとトントン拍子。
 これまでにN.Y.カーネギーホール3回ほか、パリ、モスクワ、ポーランド、ブラジルで演奏。07年桐朋学園大学音楽学部付属“子供のための音楽教室”に特別奨学金特待生として入学。2008年より東京倶楽部特別助成金を受ける。2011年4月桐朋学園大学付属高校音楽科に特待生として入学。
 華々しいデビューだが、「日本ではまだ学生ですし、しかも15歳なので、いまが一番勉強に大事な時期です。とはいえ、コンサートでの本番によって大きく成長していきますし、これからも定期的に開催していく予定です」と主催者。
 チラシ裏面で奥田佳道氏が「怖いもの知らずから、音楽により深く困難な道が続いていることが山の向こうに見えてきたようだ」という意のことを述べている。
 完成されたアーティストもさることながら、彼女のように、これからの成長が期待できる俊才は、今後の成長を愉しみに、聴き続けてこそ得るものが大きいとおもう。…そういえば30数年前にデビューしたポリーニ、気がついたらいい年のオジサンになっている。
 彼女のプロフィールは下記のURLで、
http://www.to-on.com/artistpromotion/artists/aimi_kobayashi/
主催:東音企画
申込み:<東音>ショップ 全席指定3,500 Tel:03-3944-1581
http://www.to-on.com/artistpromotion/ticket/110508aimi.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »