無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年6月16日 (木)

三輪典代 ソプラノ リサイタル
第5回 ヴェリズモ・オペラを歌う
7/7
(木)pm7:00
東京文化会館 小ホール


ピアノ:佐藤正浩

マスカーニ:月
マスカーニ:貴女の星
マスカーニ:歌劇「イリス」より
         レオンカヴァルロ
         フランスのセレナータ
         マッティナータ
(朝の歌)
マスカーニ:歌劇「道化師」より
         あの目つきは炎のようだったわ!
         …大空を晴れやかに
(鳥の歌)
プッチーニ:そして小鳥は
プッチーニ:愛の短い物語
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」より
         私の名はミミ
         あなたの愛の呼ぶ声に
(ミミの告別)
プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」より
         美しい大空
(蝶々さんの登場)
         ある晴れた日に
         かわいい坊や
(蝶々さんの死)
11077

 三輪典代さんは、東京藝大音楽学部声楽科卒後、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。大学院在学中に邦人初の国際派歌手・東敦子女史に認められ、大学院修了直後より東クラス助手を務める。音楽学部オペラ研究部第33回定期公演で《コシ・ファン・トゥッテ》のフィオルディリージ役を歌いオペラデビュー。
 以降のプロフィールは下記のHPでご覧いただけますが、イタリア政府招聘給費留学生として、パルマ:アッリーゴ・ボーイト音楽院へ留学し、プッチーニ財団が催したマダム・バタフライ・オーディションに第一位で合格。イタリア国内にてデビュー・リサイタルを開催。
 国内では2001年に第3回リサイタルを『ヴェルディとプッチーニの作品のみ』のプログラムで、第4回は08年『イタリアロマン派4大作曲家(ロッシーニ、ドニゼッティ、ベッリーニ、ヴェルディ)の作品を歌う』と題し、ベル・カント・オペラの作品を取り上げた。今回は“ヴェリズモ・オペラを歌う”。
 現在、CANTIAMO!声楽研究会を主宰し、東敦子女史から教わったテクニックから演奏家としてのメンタリティーまでを細かく教えながら、年代に応じた発声や表現方法についての研究を続けている。
 ピアノで共演する佐藤正浩氏は、同じ東京藝大声楽科卒後、ジュリアード音楽院ピアノ伴奏科修士課程修了。 コレペティトゥールとして欠かせない存在となる。現在はオペラの指揮者として知られているが、ゲルギエフやチョン・ミュンフンのアシスタントから始まり、 1999年イギリス、ダーティントン音楽祭で「イドメネオ」を指揮しデビューした。国内では新国立劇場で「オルフェオとエウリディーチェ」を指揮し日本デビュー。ピアニストとして歌手との共演も高く評価されており、これまでに佐藤美枝子、浜田理恵、大岩千穂、坂本朱、重松みか、佐野成宏、堀内康雄などと舞台を共にしている。
申込み:ハラヤミュージックエンタープライズ Tel:03-3587-0218
http://www.harayamusic.com/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »