無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年6月11日 (土)

オペラ「愛の妙薬」ドニゼッティ作曲
訳詞上演 杉並区民オペラ第7回公演
7/9(土)pm5:30 7/10(日)pm2:00
(両日とも開演45分前から解説「オペラナビ」があります)
杉並公会堂 大ホール

総監督 大久保眞 1107910
邦 訳 大久保眞・岡元敦司

演 出 森山 太
指 揮 大浦智弘

7/9(土)             7/10(日)
西本真子 アディーナ    藤戸明子
青地英幸 ネモリーノ    加茂下稔
東 浩市  ベルコーレ    井上白葉
岡元敦司 ドゥルカマーラ 大久保眞
河原香織 ジャンネッタ   片岡 敬

合 唱:杉並区民オペラ合唱団
  杉並区立東原中学校混声合唱団 
管弦楽:厚木交響楽団

 《杉並区民オペラ》は2004年秋、区内在住のオペラ歌手大久保眞が参同する区民と立ち上げ、ほぼ毎年1回の公演を続けている。その趣旨は「区民と共にオペラの楽しさを分かち合うこと、また様々な年代の人々とオペラの舞台を創ることを通し、交流を深め、地域の方々とのコミュニケーションの輪を広げ、地域文化向上の一助とする」。“オペラを身近に”という趣旨から、大久保氏らによる訳詞で上演される。
 第7回公演の今年は「愛の妙薬」。ソリストは両日とも新鋭が登場するので外せない。
 アディーナ役の西本真子は、第56回全日本学生音楽コンクール声楽部門、大学・一般の部第1位。モーツァルトの歌劇では、デスピーナ、フィオルディリージ、ツェルリーナ、「ラ・ボエーム」ではミミ、「トゥーランドット」のリューをこなしている期待される新人。二日目のヒロイン藤戸明子は、07年「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタ、08年「カルメン」ミカエラ、09年「ラ・ボエーム」ムゼッタ、昨年は「道化師」のネッダと、今や杉並区民オペラの常連。その「道化師」で座長を演じた大久保氏は二日目のイカサマ薬売りドゥルカマーラで出演する。
 杉並区内の中学生を招待する「オペラ観賞会」は、9日の本番前に行われるリハーサルをご覧いただくという。「総合芸術と言われておりますオペラに関心をお持ちの方にお出で頂きたい。親子300組をご招待いたします」(締切6月末)
 《杉並区民オペラ》が“訳詞上演”を続けるのは、「オペラを初めて鑑賞する方にわかりやすいようにとの配慮もありますが、むしろ、小中学校の合唱団に是非とも参加してほしいからです。これまでの公演には、桃井第五小学校、高井戸第四小学校の合唱部が、今年は初めて中学校の合唱団が参加してくださいました」と主催者。プロの歌手は、原語で歌うことでキャリアを積んできているので、むしろ原語の方がストレスが少ない。だから公演趣旨に賛同されたソリストたちの協力あっての公演、でもあるのだ。
 「子どもから、父母、祖父母と世代を超えたオペラが好きなアマチュアの方から、生業にしておりますプロのオペラ歌手、スタッフまで、一丸となってオペラを創り上げていまいります。それは、きっとご覧いただきました皆様に、感動を与えてくれるものと信じております」
入場料[全席指定] S席 6,000円/A席 5,000円/B席 4,000円
申込み:杉並区民オペラ事務局(めいた音楽院内)Tel:03-3380-1042 
    e-mail:sugiope@gmail.com
主催:杉並区民オペラ 後援 杉並区/杉並区教育委員会
すぎなみ文化芸術活動助成基金助成対象事業

http://blog.canpan.info/sugiope/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »