無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年6月17日 (金)

劇作《棘なき薔薇の館で会いましょう》
原智恵子没後10年記念公演

7/15
(金)pm6:30
トモノホール

脚本・演出・主演:桜田ゆみ 

出演
町田妙子(チェリスト・映画音楽などCD多数)
桜田ゆみ(オペラ歌手、ピアニスト、俳優を経て現在は劇作家・演出家)
松崎賢吾(劇団俳優座所属の俳優)
北條聖子(オペラ・ミュージカルのソプラノ歌手)

演目110715
無伴奏チェロ組曲(カサド)
トロイメライ(シューマン)

白鳥(サン=サーンス)
愛の挨拶(エルガー)

夢のあとに(フォーレ)
アヴェ・マリア(バッハ=グノー)
アンダルーサ(グラナドス)
別れの曲(ショパン)
親愛なる言葉(カサド) ほか

 演目だけ見ると、ゲストもいるチェロ・リサイタルかと思うが、出演者を見ると芝居かミュージカル? 
 主催者によると、「原智恵子 伝説のピアニスト」(石川康子・著)をベースにした劇作。天才チェリスト、ガスパール・カサドの妻にして悲劇のピアニスト原智恵子と、カトリック文学作家遠藤周作は、鎌倉の画家有島生馬邸で運命的に出会う。有島邸を舞台に二人の半生をたどる音楽劇。原智恵子に扮するのは桜田ゆみ、遠藤周作は松﨑賢吾、北條聖子は遠藤周作の母役ほか諸々…チェロの名曲を織り交ぜて二人の葛藤、音楽・文学・カトリック信仰の世界を描き出そうという試みだ。幕間にはチェリスト町田妙子がカサドの無伴奏チェロ組曲などを披露。桜田は女優として出演のほか、自らピアノも奏でるそうだ。既に稽古が始まっているようで、「笑いと涙の、すっごく面白い演劇ですよ~」と主催者。
申込み:ビーベスト Fax:042-722-7264 support@beebest.co.jp
主催:GCP(ガリレオ・コンサート・プラニング)
http://www.beebest.co.jp/gcp/index.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »