無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年7月30日 (土)

ラ・フィエスタ 銀座
十字屋ホール
11082627

8/26(金)
 香川 有美(Vo)
 Malgorithm
 佐藤ふじを(gt)
8/27(土)
 ヴィクトル・ディアス(vo)
 中上香代子(Pf)
 テンポヴィーヴォ
両日とも                
一部・開演15:00
二部・開演19:00

 7月の銀座の風物詩、十字屋ホールのサマーフェスティバルが終わった。私もカントリーとシャンソン、カンツォーネの三夜をたのしんだ。今年が第23回というだけあって、軽妙なトークが歌唱を引き立たせていた。その十字屋ホールが、夏の終わりに「こんな時だからこそ、銀座から心を込めて一緒に絆を感じあいたい」と、“優雅で良質なアコースティック・パフォーマンス”を開催する。名付けて《ラ・フィエスタ 銀座》。操業137年を謳う十字屋が、これも銀座にこだわるイベントだ。
…ワールドミュージックの名手たちによるアコースティック・パフォーマンス。大人たちの小粋な音楽祭が夏の終わりに華やかに開幕します。《ラ・フィエスタ 銀座》は震災後、銀座で元気がでるような音楽をということで、ラテン音楽に目をつけました。ラテン音楽はとても幅広いので、思い切って“ワールドミュージック”という名称をつかいました。8月に毎年開催ができればと思っております…。

 初日(8/26)のヴォーカル香川有美は、日本を代表するファドの第一人者。17歳のとき、最年少で「銀巴里」オーディションに合格し、翌年第11回全日本シャンソンコンクールで準優勝し、歌手としてデヴュー。ファドをはじめ、シャンソン、カンツォーネ、ブルースと幅広いジャンルをカバーている。その魅力的な声質とダイナミックな歌唱は熱狂的な支持を得ている。現在、東京・大阪・神戸・京都・札幌など全国のライヴハウスに精力的に出演し、東京、大阪、神戸で定期的に「有美と一緒に唄おう会」を開催し、歌唱指導なども行っている。
 共演の佐藤ふじを(七弦ギター)は福島県出身。東京外語大学在学中にジャズを志し、70年代後半、サンバのライブに触発され、日本発のオリジナルサンバグループ「オパ」を結成。80年東芝EMI&ファンハウスからアルバム2枚、シングル7枚を発売。同時に作曲家としてTVドラマ、企業やCM等の音楽を制作している。
 二日目(8/27)のヴォーカルは1971年生まれのテノール歌手ヴィクトル・ディアス。幼いころからサルスエラ(スペイン版オペレッタ)に出演し、1990年にテノールソリストとしてデヴューし、93年にはプラシド・ドミンゴと共演している。その後、レ・ミゼラブル、ラ・マンチャの男などミュージカルで主演し高い評価を得る。オペラではラ・トラヴィアタ2006、ラ・パルテノーペ2010で好評を得ている。スペインでは次世代を担う最も期待されるテノール歌手の一人でだ。
 共演する中上香代子(ピアノ)は東京都出身。東京音楽大学ピアノ科卒業。学生時代よりプロ活動に入る。中尾ミエ、木の実ナナ、上月 昇、前田美波里、西城秀樹など数々のタレントのバックバンドを経験しており、ジャンルは多岐にわたり、様々なスタイルの歌手から高い評価を得ている。
https://shop.jujiya.co.jp/event/calendar.php?category_id=73
主催・申込み:十字屋ホール Tel:03-3561-5250
     チケット¥5000(全席自由/1ドリンク付き)
後援:スペイン大使館
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

« | トップページ | »

コメント

惹かれますね。多分、この2日は銀座へ行くでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »