無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年8月23日 (火)

ブルーノ=レオナルド・ゲルバー
ピアノ・リサイタル
 70歳記念ツアー
9/29(木)pm7:00
会場:東京オペラシティ コンサートホール

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調Op. 27-2 「月光」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調Op.57 「熱情」
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」

110929pf
 1968年の初来日でセンセーショナルな成功を収めて以来、幾度となく来日し、多くのファンを魅了し続けて来たピアニスト ブルーノ=レオナルド・ゲルバーが、今年5月に70歳を迎え、それを記念したツアーを行っている。日本では9月から10月上旬まで全国11会場で公演を打つ。
 演目は、ゲルバーが最も得意とするレパートリーから、ベートーヴェンのソナタ、それにムソルグスキー「展覧会の絵」。巨匠の名にふさわしい重厚でスケールの大きな演奏を聴かせてくれるだろう。
 音楽に対し、本当の意味で感情を表現し、身を捧げることができる人は希有な存在だ。ゲルバーは、まさに、その希少な音楽家の一人といえる。「もし死ぬまでひとりの作曲家しか弾いてはいけないと言われたら、ベートーヴェンを選ぶ」という。
 それに、「展覧会の絵」は弾き手の力量がモロに表出する逸品。“ゲルバー・ワールド”を愉しみたい。
 ブルーノ・ゲルバーは、3歳で母親からピアノの手ほどきを受け、6歳のときにアルゲリッチとバレンボイムの師ヴィンチェンツォ・スカラムッツァに師事した。15歳でパリに留学し、マルグリット・ロンに入門、ロン最後の弟子となる。彼の略歴は主催者のHPに詳しい。
http://www.hirasaoffice06.com/files/piano2gelba.htm
ツアーリストは下記URLでご覧いただけます。
http://www.hirasaoffice06.com/files/news.htm
主催:ヒラサ・オフィス 
協賛:日本コロムビア株式会社
後援:在日アルゼンチン共和国大使国
入場料:S: 6,000円 A: 5,000円 B: 4,000円 
申込み:ヒラサ・オフィス(ヴォートル・チケットセンター)

Tel:03-5355-1280  http://ticket.votre.co.jp/ ほか
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

連絡ありがとうございます。
この公演は絶対にはずせません!!

初めまして〜よろしくお願いいたします。
(ゲルバー)で検索していて、こちらに辿り着きました。

色々なブログを読み「重箱の隅をつつくような心ない書き込み」に悲しくなっていたのですが、こちらのブログ主様と投稿なさった小澤様の心あたたまるコメントに嬉しくなりました。

ツァーも半分をすぎて東京公演も近くなりました〜今回はゲルバー氏のお身体が一際お辛そうで心がいたみます。

たしかに体力と共に技術的な衰えは隠せません…ですが彼の魂がそれを越えて、聴く者の心を動かします。心を揺さぶられます。

「解ってくださる方だけに聴いていただきたい」と思う気持ちは日に日に強くなるばかりです。

長々と失礼致しました。


ゲルバーの来日公演は前回も書いてます。
今後Yasudaさん宛てにも配信したいと思います。
配信画面の巻頭左肩の「プロフィール」に
私のアドレスも載っています。
御一報くだされば、配信先に加えさせていただきます。
momma

こんにちわ

ゲルバーのツァーが終了し、彼は帰国の途につかれました。のべ30日間の滞在でコンサート数が11…多すぎます!

70歳という年齢はまだしも、以前にも増して身体のコントロールが不自由な今回は、さぞ辛かったに違いありません。

大阪でのリサイタル

…まさに[神の君臨]
それ以外に言葉はありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »