無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年8月24日 (水)

音楽の始まり~グレゴリオ聖歌と聲明~
「聲明しょうみょうの世界」
文化財で聴くオルガンレクチャーコンサート・Ⅶ

9/24(土)pm2:00
立教女学院聖マーガレット礼拝堂

出 演
倉松隆観(真言宗智山派)・岩崎真実子(立教女学院オルガニスト)
曲 目
聲明 四智梵語/散華 他
白鳥仁作曲/聲明とオルガンのための「曼荼羅・光明三昧」(初演)
柴田南雄作曲(白鳥仁編曲)/理趣経とDies irae 「人間と死」より 

110924
『音楽の始まり』と題したパイプオルガンコンサート、前回のグレゴリオ聖歌を受けて秋の回は「聲明」。空海から口伝されてきた「聲明」について、真言宗智山派の第一人者の倉松隆観氏をゲストに迎える。礼拝堂に初めて響き渡る聲明、そして聲明とパイプオルガンの競演に期待したい。
 リハーサルの第一声に感動したスタッフから「あまりの荘厳さとその迫力に鳥肌が立つほどでした。礼拝堂の響き方も効果を生み出しているかと思われますが、パイプオルガンのボリュームも当初の予定よりかなり大きくして競演しないと飲み込まれそうなほどです」とのコメントが届いた。
 聲明の権威、倉松氏を慕って出演を希望したお坊さんら、総勢11人の“大合唱”が礼拝堂に木霊し、パイプオルガンとコラボレーション…初回を超える逸品、どうやらまちがいないようだ。
 なお、このたびの東日本大震災に際し、今年度コンサートの純益は被災された皆さまのために用いられます。
*1932年に建立された聖マーガレット礼拝堂は2006年3月に杉並区指定有形文化財(建造物)に指定されました。
入場料
2,000円(全席自由)未就学児の入場は不可
問合せ:立教女学院キリスト教センター 

    Tel./fax:03-5370-3038(月火木金9:30-16:00)
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/jogakuin/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »