無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年9月20日 (火)

2つの竪琴 ハープ×アルパ
10/23
(日)pm2:00
銀座:十字屋ホール


中村愛(ハープ)
池山由香(アルパ、メゾソプラノ)


君偲ぶ夜/D.オルティス(アルパ独奏)
妖精/M.トゥルニエ(ハープ独奏)
[トーク/各楽器の奏法について]
ラス・チアパネカス/メキシコ民謡(アルパ弾き歌い)
アヴェ・マリア/G.カッチーニ(ハープ×歌)
[トーク/各楽器の説明]
ファンタジー/R.シュポア(ハープ独奏)
カスカーダ/D.ガルシア(アルパ独奏)
     *
グリーン・スリーヴス/アイルランド民謡
(ハープ独奏)
オーバー・ザ・レインボウ/H.アーレン(ハープ独奏)
ホール・ニュー・ワールド/A.メンケン(アルパ独奏)
広い河の岸辺/スコットランド民謡(アルパ弾き歌い)
[トーク/二人の出会いと、楽器との出会い]
サウンド・オブ・ミュージックより(ハープ×歌)
 
/R.ロジャース、O.ハマースタイン
 サウンド・オブ・ミュージック、私のお気に入り、エーデルワイス

[トーク/合奏についてのお話]
オペラ・リナルドより「涙の流れるままに」/G.F.ヘンデル

アンダルーサ/E.グラナドス(ハープ×アルパ)
111023

 ハープとアルパ。似ているようでいて、音色や演奏法、それに演目もそれぞれだ。その面白さを、間近に見、聴いて楽しんでもらおうというコンサート。それぞれのソロ演奏に加え、歌とハープ、アルパとグランドハープのデュオなどを楽しむ。
 今まで楽器単体の演奏はきいたことがあるが、2つの楽器のデュオは初めてだ。それぞれの楽器の特徴を生かした楽曲を演奏し、形が似ていて起源が同じでも、音色や演奏方法、それに演目もガラッと違う。そのおもしろさを、間近に見て聴く。初めての体験だ。それぞれのソロ、歌とハープ、アルパ弾き歌い、グランドハープとアルパのデュオと、2人で4通りをこなす。
 そのテーマは、まず「対比」だ。でも、前半では全く対比していたものが、進むに従って、次第に2つが融和していく。ニクイ仕掛けだ。
 前半のハープ・ソロの「ファンタジー」とアルパ・ソロの「カスターダ」は、曲の雰囲気がどこか似ているうえに、2曲ともカデンツァの様な要素があるので、音楽が「ハープならこうなる」「アルパならこうなる」という違いが味わえるという。
 後半のハープ×アルパの「アンダルーサ」ではハープが伴奏でアルパが旋律を弾き、ハープ×アルパの「涙の流れるままに」(別名「私を泣かせてください」)ではハープが和音から構成される旋律を弾き、伴奏をアルパが受け持つ。
 最初は「似ているようで似ていないハープ」というところから始まり、2つの楽器の個性を理解して頂き、後半は「合奏になったらどんな音になるのだろう?」という疑問に応えてくれるというしかけだ。加えて、アルパ奏者池山さんがハープ伴奏とアルパ弾き語りの両方で歌唱も披露する。
 ハープの中村愛(Megumi Nakamura)さんは、千葉県出身。東京音大卒。4歳からピアノを始め、12歳からハープを始める。これまでにハープをヨセフ・モルナール、木村茉莉、篠崎史子の各氏に、室内楽を島崎説子女史に師事する。第9回大阪国際音楽コンクールハープ部門第3位。ハープ協会主催新人演奏会、東京音楽大学千葉県支部主催新人演奏会出演。
 2011年には数々の著名アーティ ストの演奏会を手掛けてきた、故・村上信爾氏のプロデュースで、すみだトリフォニーホールで初のソロリサイタルを開催し好評を博す。ソロの演奏会を中心に、室内楽・オーケストラ・オペラなどでの演奏活動を行い、最近ではベトナム国立交響楽団や中国・武漢管弦楽団などと現地で共演するなど、活動の場を海外にも広げている。また、個人レッスンはもとより、千葉県立女子高オーケストラ部講師として後進に当たっている。
 アルパの池山由香(Yuka Ikeyama)さんは、小学生の時に父の仕事の都合で移り住んだアルゼンチン・ブエノスアイレス市でアルパに出会う。メキシコ大使館主催パーティーや 新星クラブコンサート、東京オペラシティ近江楽堂ランチタイムコンサート、などで演奏。また、声楽の分野ではベートーヴェン「合唱幻想曲」(アルトソロ)、シューベルト「冬の旅」リレー演奏会、武蔵野雨情会チャリティーコンサート等に出演。 山形県・最上町少年少女合唱団やスイス・ローザンヌ歌劇場日本公演の児童合唱指導アシスタントを務める。日本ではまだ少ない、アルパ弾き語りのスタイルで活動している。
 2011年3月、ケーナ奏者の八木倫明氏とのデュオ「Duo QuenArpa」としてCD「広い河の岸辺」を発売(推薦文:湯川れい子)。発売に伴いTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」にて生演奏。これまでにアルパをチョチン・バルブエナ、チューチョ・デ・メヒコ、マルシアル・ゲレロの各氏に師事。国立音大演奏学科声楽専修卒業。現在、桐朋学園大声楽科研究生3年在籍。日本パラグアイ協会・アルパ振興委員会会員。
主催・申込み:十字屋ホール Tel:03-3561-5250 下記HPから。
料金4,000円(全席自由/1ドリンク付)
http://shop.jujiya.co.jp/event/detail.php?product_id=2360
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »