無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年9月 7日 (水)

大石綾乃 ピアノリサイタル
Ayano Oishi Piano Recital
10/21(金)pm7:00
すみだトリフォニー
小ホール

・J.Sバッハ:パルティータ第5番ト長調 BWV.829
・ベートーヴェン:ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 Op.27-2 「月光」
・ショパン:ポロネーズ第6番変イ長調 Op.53 「英雄」
・シューマン:幻想曲ハ長調Op.17

111021pf
 目を惹くチラシが舞い込んできた…大石綾乃さんを知ったのはオペラ歌手のコンクールだった。並みいる伴奏者のなかでひときわ印象に残る奏者だった。これは彼女のソリストとしてのデビュー・リサイタルだが、演目にその決意のほどがうかがえる。まず今年6月に郷里でお披露目し、今秋、満を持しての首都圏デビューということになる。挨拶に耳を傾けて欲しい。
…この度、私にとって初のソロリサイタルを行う運びとなりましたので、ご案内させていただきます。私にとってリサイタルは長年の大きな夢でしたが、今回、恩師を始め多くの方々に背中を押していただき、まず故郷の福井、そして大学時代から暮らしている東京と、2カ所で実現できることとなり、本当に嬉しい気持ちで一杯です。
 6月の福井公演で、まずは第一歩を踏み出すことができました。自分の中にある音楽のルーツは、故郷の地と幼い頃から見守ってくれていた方々なのだなと感じた温かな時間でした。
 東京公演でも同じプログラムを演奏しますが、異なる会場、お客様の雰囲気の中で自分がどんな演奏ができるのだろうと、また新しい気持ちで取り組んでおります。少しでも皆様の心に残る演奏をしたいと思っております。
 プログラムは学生時代からいつか演奏したかったシューマンの幻想曲を中心に構成しました。演奏者としても優れた作曲家が集まり、どの曲からもピアノに対する愛情が感じられます。私の大好きな作曲家ばかりです。
 また、東日本大震災の傷跡は大きく、まだまだ大変な状況が続いております。一刻も早い日本の復興を願って、祈りを込めて演奏したいと思います。ぜひご来場いただき、お聴きいただければ幸いです。
 最後に略歴をかいつまんで…大石さんは、お茶の水女子大音楽科卒業後、同大学院修了し、これまでに宇野美千代、相田由美子、小坂圭太、E.ハイドシェック、故・遠藤秀一郎の各氏に師事。2005年夏季ローザンヌ・音楽アカデミーのオーディションに合格、B.カニーノ氏、P.アモイヤル氏に室内楽を師事。国際的なバリトン歌手である、M.アウグスティーニ氏のマスタークラスで公式ピアニストを務める。ソロの他、室内楽、オペラのコレペティトゥールとしても広く活動している。
問合せ:大石綾乃ピアノリサイタル実行委員会Tel:03-3942-5630
     全席自由2,000円 oishi.recital2011@gmail.com
すみだトリフォニーホールのHP
http://www.triphony.com/concert/list.php?sch_date=201110#p21
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »