無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年9月 2日 (金)

岩崎 淑 ミュージック・イン・スタイル
シリーズVol.35 台湾の音楽家を迎えて
10/2(日)pm5:00
トッパンホール

ヴァイオリン:蘇顯達 Sien-ta Su, violin
ヴィオラ:何君恆 Chen-hung Ho, viola 
チェロ:岩崎 洸 Ko Iwasaki, violoncello

・スーク:ピアノ四重奏曲 イ短調 op.1
・蕭泰然:台湾頌、D調夜曲、嘸通嫌台湾
・クロール:バンジョーとフィドル
・洪 千恵:和歌《ミュージック・イン・スタイル2011年委嘱作品》
・ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 op.25

111002in  ピアニスト岩崎淑のミュージック・イン・スタイル シリーズは、1976年以来ピアノを含む弦、管、声楽のさまざまな室内楽の作品を披露してきた。第6回からは作曲家への委嘱作品を織り交ぜて発表し、今回第35回を迎えた。今回のゲストとのご縁を語っていただきましょう。
 今年はゲストに台湾から弦楽奏者の蘇顯達さん、何君恆さんをお迎えしました。台湾は私にとってなつかしい処で、3歳の時から高雄で5年間を過ごし、弟の洸は高雄で生まれました。2008年に国立台北芸術大学で室内楽のコンサートで共演、洸ともどもマスタークラスも開かせて頂きました。今回の二人のゲストは、フランスで研鑽を積まれたかたがたで、洗練された弦の美しさとお人柄に魅せられました。また今回、委嘱をお願いした洪さんはヴィオラの何君恆さんの夫人です。今回台湾の音楽家との国際交流ができることを大変うれしく思っております。
 今年は35回目の記念の年ですが、今までの委嘱作品が音楽之友社のComtemporary Music of Japanシリーズの中で出版されることになりました。私の夢が叶えられ、室内楽の日本人作品として残していけることを心より喜んでおります。
 珍しいスーク、ブラームスの名曲であるピアノカルテットを、楽しんで頂けましたらこんな幸せはございません。
 尚このシリーズは、9月下旬から岡山・北海道などでも開催される。
演奏者の略歴など詳細は、主催者のHPでご覧いただけます。 
http://www.proarte.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=328
主催:株式会社プロ アルテ ムジケ info@proarte.co.jp
Tel:03-3943-6677  Fax:03-3943-6659
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »