無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年9月15日 (木)

神奈川フィルのモーツァルト“レクイエム”
金聖響指揮/第275回定期演奏会

10/7
(金)pm7:00
横浜みなとみらいホール111007


森麻季(ソプラノ)
林美智子(メゾ・ソプラノ)
吉田浩之(テノール)
青山貴(バリトン)
神奈川フィル合唱団 

モーツァルト:
交響曲第29番イ長調
「レクイエム」 ニ短調

 金聖響が9月に客演した東京シティ・フィル公演のR.シュトラウスは絶品だった。楽団にピアニッシモを奏でさせることが出来る得難い逸材だ。
 神フィル常任指揮者2年目も折り返し地点を回ったが、定期ではマーラー・チクルスを意欲的に進める一方で、オーケストラにとって基本となるレパートリーを洗い直し、磨きをかけている。チラシ裏面のコメントを紹介しよう。
…シンプルで明快なオーケストレーションの中に、深い精神性をもつモーツァルト作品もそのひとつだ。交響曲第29番は、そう頻繁に取り上げられる作品ではないが、オーボエとホルン、弦楽器群という小編成ならではの清明な響きの中に、モーツァルトらしい深さを感じさせてくれる。
 プログラム後半のレクイエムは未完(弟子ジェスマイヤーにより完成)ながらも、聴く者の魂を浄化してくれるような、モーツァルトの最高傑作のひとつ。震災で亡くなられた方々の鎮魂と、その悲しみを乗りこえて未来へと生きる私たちへのエールともなるだろう。世界で活躍する実力を持った4人の歌手たちも、それぞれに深い思いを込めて歌ってくれるだろう。クールな頭脳と温かいハートを持つ金聖響は、ステージの上の演奏家たちの心をひとつにして、熱い演奏で会場へと伝えてくれるに違いない。今回はソリストの人気もあって特に好評で、残席僅かとのこと。お早めに。
S¥6,000 A¥4,500 B¥3,000 学生(B席)¥1,000
シニア(70歳以上)は各席種2割引き 
問合せ:神奈川フィル・チケットサービス
Tel 045-226-5107
http://www.kanaphil.com/perform/perform.cgi?mode=search&n=1&c=1&id=695
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »