無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年10月10日 (月)

宮谷理香 デビュー15周年
ピアノ・リサイタル

Brin「芽」~Rika Plays “Fantaisie”

10/16
(日)pm2:00
高崎シューベルトサロン

(ピアノプラザ群馬)

べリオ:「芽」(1990) ~ピアノのための6つのアンコールより 
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ嬰ハ短調 作品27-2「月光」
ベルク:ピアノ・ソナタ 作品1
バッハ=ブゾーニ:シャコンヌ ニ短調

(無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番BWV1004 より)
ショパン:ワルツ変ニ長調作品64-1「子犬」、
           幻想即興曲 作品66
ブラームス:インテルメッツォ
(間奏曲)作品118-2
リスト:メフィスト・ワルツ第1番
「村の居酒屋での踊り」

111016pf  1995年ショパン国際ピアノコンクールに入賞し、96年のデビュー以来、着実に活動の幅を広げてきた宮谷理香。デビュー15周年を記念して、アルバムリリースとコンサートが決定。今回のテーマは、偉大なる作曲家 “B” たちによる“ファンタジー”で、12月9日の東京公演に先立ち、この高崎公演のほかに、10/9浜松、10/29名古屋熱田市、11/22高知、12/2金沢の各地にて開催される。詳しいスケジュールは以下のURLでご覧いただけます。http://www.concert.co.jp/concert/rika_miyatani/
 演目は、宮谷さんの新譜CD”Brin 「芽」”の中から、CDのテーマでもある頭文字にBの付く作曲家、ベリオ、ベートーヴェン、ベルク、バッハ=ブゾーニ、そしてブラームスが演奏される。なかでも、バッハ=ブゾーニのシャコンヌは、宮谷さん自身のピアニズムの系譜、フェルッチョ・ブゾーニ→レオ・シロタ→園田高弘→宮谷理香へと代々受け継がれてきた最も大切なレパートリーとして取り上げられる。
 そして、ショパンコンクール入賞歴でも知られる宮谷さんによるショパンの名曲「子犬のワルツ」と「幻想即興曲」、そして今年生誕200周年のリストのメフィスト・ワルツ第1番というプログラム。
「宮谷さんは、昨年このサロンを来訪され、その際に私どものピアノを大変気に入っていただき、東京公演に先駆けてほぼ同じプログラムで演奏していただけることになりました。来訪時の写真と今回のコンサートの紹介が宮谷さんのブログに載っております。
http://rikamiyatani.blog.fc2.com/page-2.html
時期が迫ってのご案内になりましたが、ぜひ当シューベルトサロンへお越しください!限定80席のサロンで、ゆったりとくつろいで、宮谷さんの演奏を贅沢に、存分にお楽しみいただきたいと思います」と主催者。
前売り3,000円、当日3,500 *全席自由・ドリンクサービス付き
主催・問合せピアノプラザ群馬(群馬県高崎市問屋町西一丁目3-10)

Tel:027-363-1262(松原) http://www.miyatani.jp/rika/

東京公演
12/9
(金)pm7:00
東京文化会館
111209p

 デビューから15年。新たなる始まりの予感。渾身のプログラム…以下、宮谷さんの東京公演に向けてのメッセージです。
「9/30発売のCD「Brin(芽) ~Rika Plays Fataisie」のリリースとデビュー15周年を記念したリサイタルを開催することとなりました。東京文化会館小ホールでのソロリサイタルは、ショパン協会例会(97年)以来かも…。今年6/11のDuo Graceのリサイタルでも弾いた響きのよいホール。伝統ある雰囲気もいいですよね。楽屋などにも歴史が感じられます。感謝をこめて演奏したいと思います。聴きにいらしていただけたら幸いです。RIKA」
 宮谷理香:金沢に生まれる。桐朋学園大学卒業、同研究科修了。95年第13回ショパン国際ピアノコンクールに第5位入賞、一躍注目を集める。96年サントリーホール(東京)、いずみホール(大阪)にてデビュー。第23回日本ショパン協会賞、他受賞。松岡貞子、アンジェイ・ヤシンスキ、ピオトル・パレチニ、ハリーナ=チェルニー・ステファンスカ、園田高弘各氏に師事。01年、04年、09年ライプツィヒ弦楽四重奏団と共演。04年 東京オペラシティの「B→C」シリーズでは、バッハから日本人現代作品までの幅広い可能性を示して優れた成果を挙げたほか、助川敏弥作品の新作初演等、新たな領域にも意欲的に世界を拡げている。 05年、10年日本ショパン協会主催ショパンコンクール審査員。
 ショパン作品を中心に様々な作曲家を取り上げたリサイタル・シリーズ「宮谷理香と廻るショパンの旅(2001-2010)」を10年に亘り開催、大好評を博す。10年スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団(L.スワロフスキー指揮)と共演。リサイタルの他、レクチャーコンサート、室内楽、学校公演など幅広い音楽活動を展開し、知的で色彩感豊かな演奏とニーズをとらえた高い企画力に定評がある。ピアニスト高橋多佳子とのピアノデュオ<Duo Grace>としても活動、5月リリースのデビューCD「GRACE」はレコード芸術特選盤となる。08年初の著書「理香りんのおじゃまします!~ピアニスト万華鏡」発売。ほか全7枚のソロCDをリリース。ショパン名曲集アルバム「Rika Plays Chopin」シリーズの「SCHERZO」(09年)、「SONATA」(10年)はレコード芸術誌特選盤。「SONATA」は、同誌「2009~2010国内新譜ショパン盤ベスト7」に選出。
チケット 4,000円(全席指定)
主催・問合せコンサートイマジンTel:03-3235-3777
http://rikamiyatani.blog.fc2.com/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »