無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年11月23日 (水)

諸田 広美 メゾソプラノ・リサイタル
“PreghierAmor”~祈りと愛をこめて~Vol.1

12/3
(土)pm1:30開演
旧東京音楽学校奏楽堂


ピアノ:田中 梢111203_2
ゲスト:上本 訓久(テノール)

〔第Ⅰ部〕
 私を泣かせてください(ヘンデル)
 アヴェ・マリア(カッチーニ)
 荒城の月(滝 廉太郎)
 歌をください(中田 喜直)
~リスト生誕200年によせて~
 愛の夢
 ペトラルカのソネット
 「2つのヘブライの歌」より
  「カディッシュ」(ラヴェル)
 ほか

〔第Ⅱ部〕
~ヴェルディ没後110年によせて~
 アヴェ・マリア
 寂しい部屋で
 オペラ「イル・トロヴァトーレ」ハイライト

 今年は春の二期会創立60周年記念公演「フィガロの結婚」マルチェリーナ役、夏の新宿区民オペラ「カルメン」カルメン役で好評を博した、メゾソプラノ・諸田広美が今年からリサイタル・シリーズを始めるという。
 諸田は群馬大学卒業後、東京芸術大学大学院オペラ科修了、イタリア国立ミラノ・ヴェルディ音楽院卒業と珍しい経歴の持ち主。また日本では林康子、イタリアではフィオレンツァ・コッソットと、2大プリマの弟子でもある。
 諸田は、多感な20代前半のイタリア留学と再留学により培った、イタリア人のようなティンブロ(Timbro,音色)・表現力・ディクションをもつ、リリックなメゾソプラノ。ロッシーニからヴェルディまでのイタリア・オペラを中心に、イタリア歌曲、モーツァルト作品、フランス・オペラなどの演奏を得意とする。
  「このシリーズは、これから定期的に群馬と東京両方で開催していく予定です。なお、サブタイトルの“PreghierAmor プレギェラモール”は、私が考えた造語です。Preghiera(祈り)+Amore(愛)で、常々演奏しながら歌は祈りに通ずると感じており、また多くの歌が愛に基づくことから考えました。諸田広美が愛と祈りを込めて歌います♪」
 彼女のHPには普通の経歴のほかに、“諸田広美ができるまで”と題した読みものもある。彼女のおおらかな人柄がにじみ出た一文だ。
 …で、今回の目玉は「トロヴァトーレ」のハイライト。共演のテノール・上本訓久とは、これまでオペラ共演が多く、今年の新宿区民オペラ「カルメン」でも共演した。第2部のオペラ「イル・トロヴァトーレ」のハイライトで、2人が初めて親子を演じるという。
http://www.hiromimorota.com/profile.html
前売り 3000円 (当日 3500円) ※全席自由
主催・問い合わせ:諸田広美リサイタル実行委員会 info@hiromimorota.com
申し込み:東京文化会館チケットサービス
Tel:03-5685-0650
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »