無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年11月 4日 (金)

吉見佳晃テノールリサイタル
     ~イタリアの風~

11/18
(金)pm7:00
所沢市民文化センター
ミューズキューブホール

西武新宿線航空公園駅よりバス3分

111118ソプラノ:大須賀園枝
ソプラノ:西本 真子
ピアニスト:斎藤真理香

オペラ「ラ・ボエーム」より 麗しの乙女
オペラ「トスカ」より 星は光ぬ
オペラ「マノン・レスコー」より 二重唱
オペラ「椿姫」より 乾杯の歌
フニクリフニクラ
サンタ・ルチア
帰れソレント
君に告げて
ヴォラーレ

  「芸術の秋。今回はよりクラシックを身近に感じて頂けるよう、トークを交えた演奏会で、ホールでありながらドリンク付きのチケット販売とし、サロンで演奏を聴いているような、そんなゆったりとした気分でお楽しみいただければ…また、今回は大須賀さん、西本さんの素晴らしいソプラノ歌手お二方に賛助出演いただきました。驚きと笑いと感動のコンサートをお楽しみいただければ幸いです」と主催の吉見氏。演目を拝見して納得した。
 吉見佳晃氏は、国立音大卒。「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」「リゴレット」「椿姫」「トスカ」他、多数のオペラに主要なキャストで出演。スペインでのコンサートでは、拍手が鳴り止まず司会者が観客をなだめる場面もあったとか。多方面から‘イタリア人の響きを持ったテノール’と称されている。第39回イタリア声楽コンコルソ入選。東京二期会会員。
 今回は賛助出演されるお一人ソプラノの大須賀園枝さんもコメントをお寄せくださった。
…大好きなのに、なかなか演奏する機会のない、「マノン・レスコー」の二重唱を歌えることは、とても幸せで、私自身も楽しみにしております。力強い愛の二重唱、それから、マノンの歌うアリア「柔らかなレースの中で」の、甘いメロディーは、きっと聴いてくださる方々にお楽しみいただけると思います。
 大須賀さんは、名古屋芸術大卒。第113回日本演奏連盟推薦新人演奏会出演。中日賞、名古屋芸術大学賞受賞。第35回イタリア声楽コンコルソミラノ部門入賞。第36回、第40回同コンコルソシエナ部門入賞。2007年NHK名古屋ニューイヤーコンサート、2008年FM名曲リサイタル出演。2009年東京二期会オペラ研修所第52期マスタークラス修了。修了時に優秀賞受賞。インターンシップ研修として、二期会本公演「蝶々夫人」蝶々さんのアンダースタディに指名される。二期会会員。
 西本真子さんは、武蔵野音大及び同大学大学院を主席で卒業・修了。第17回練馬文化センター新人演奏会オーディション最優秀賞受賞。第56回全日本学生音楽コンクール声楽部門、大学・一般の部、第1位。都築音楽賞、日本放送協会賞受賞。これまでに「フィガロの結婚」「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョバンニ」「トゥーランドット」「ラ・ボエーム」等、数多くのオペラに主要キャストとして出演。また「メサイア」「第九」等、宗教曲、合唱曲のソリストや、江原啓之スピリチュアルカウンセラー20周年記念チャリティーコンサート、第九も歌うぞコンサート等のソリストなども務め、近年ますます活躍の場を広げている。
入場料金:一般券3000円・学生券1000円(いずれも1ドリンク付き)
申込み・問合せ:Fax:03-6794-6780  sonosopsono@yahoo.co.jp
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »