無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年11月14日 (月)

広上指揮/三浦文彰・神奈川フィル12月定期
12/2(金)pm7:00
横浜みなとみらいホール


指揮:広上淳一
ヴァイオリン:三浦文彰


ブラームス/ハイドンの主題による変奏曲
チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲ニ長調
ドヴォルザーク/交響曲第8番ト長調111202_2


 ひとくちにロマン派の音楽といってもさまざまだが、今回は親しみやすく美しいメロディにひたりながら、オーケストラ・サウンドを味わう名曲が並べられた。変奏曲の得意なブラームスは、ハイドン作曲の「聖アントーニのコラール」を創意に満ちたオーケストラ曲へと仕上げた。チャイコフスキーはロマンティックなメロディとゴージャスなサウンドでヴァイオリン協奏曲を彩った。2009年に難関のハノーファー・コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝した三浦文彰が、朗々と歌い上げてくれるに違いない。若い才能をバックアップするのが得意な広上淳一の手腕にも期待したい。そして「メロディ・メーカー」ドヴォルザークは、交響曲第8番を多彩なメロディで作り上げた。彼の故郷ボヘミアの香りたっぷりの華やかな作品だが、一歩間違えると垢抜けない演奏になってしまう。広上は作曲者の情熱を浮き上がらせながらも、神奈川フィルとともに洗練された表現で仕上げて、作品の魅力をさらに輝かせてくれるだろう。
S¥6,000 A¥4,500 B¥3,000 学生(B席)¥1,000
シニア(70歳以上)は各席種2割引き 
問合せ:神奈川フィル・チケットサービス Tel
045-226-5107
http://www.kanaphil.com/perform/perform.cgi?mode=search&n=1&c=1&id=695
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »