無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年1月14日 (土)

アドリアン・ユストゥス Vn リサイタル
メキシコが誇る・歌うヴィルツォーゾ

1/17
(火)pm6:45・宗次ホール(名古屋)
1/19
(木)pm7:00・紀尾井ホール(東京)

アドリアン・ユストゥス(Vn)120119
ラファエル・ゲーラ(Pf)

パガニーニ:24のカプリス全2曲
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ

 ヴァイオリニスト黒沼ユリ子がメキシコで音楽学校アカデミア・ユリコ・クロヌマを開いて30年がたった。そのアカデミーが送り出した逸材、アドリアン・ユストゥス(41)が東京と名古屋でリサイタルを開く。 
 「一人でも多くの日本の聴衆に彼の音楽を聴いて欲しい」と黒沼ユリ子さん。ヴァイオリン音楽のファンなら演目でお分かりだろう。ナマでき聴く機会は滅多にないパガニーニの難曲中の難曲…急な案内になった次第。
 黒沼さんは1980年、メキシコシティに「アカデミア・ユリコ・クロヌマ」を開校。1981年にはニュ一ヨーク・カーネギーホールでアメリカ交響楽団と廣瀬量平のヴァイオリン協奏曲をアメリカ初演する。また、長年のチェコ音楽紹介の功績に対してチェコスロバキア政府よリ1970年に「演奏芸術家賞」、1974年には「スメタナ・メダル」を授与されている。また、1986年には、メキシコ政府から文化交流に貢献した外国人に与えられる最高の勲章「アステカの鷹勲章」を受賞。さらに、1992年には、日墨の青少年の交流、育成につとめた功績が認められ、国際交流基金よリ「国際交流奨励賞」を受ける。
 アドリアン・ユストゥスと彼を輩出した音楽学校アカデミア・ユリコ・クロヌマについては、以下のURLでご覧いただけます。
http://www.fujitv.co.jp/event/art-net/clsc_01concert/479.html
申込み:名古屋公演 Tel:052-265-1718 東京公演 03-6914-0353
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »