無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年2月 4日 (土)

東日本大震災音の絆チャリティ・コンサート
バッハの後継者、支援活動のため来日
J.
ヴォルフ作曲「東北レクエム」初演!
3/2(金)pm7:00
ホーリネス淀橋教会

JR総武線:大久保駅1分

オルガン演奏:ユルゲン・ヴォルフ…バッハ:オルガントッカータ ニ短調
ヴァイオリン演奏:斎藤アンジュ玉藻…バッハ:シャコンヌ、G線上のアリア
                          
J.ヴォルフ:東北レクイエム(初演)
合 唱:グレイス合唱団…ユルゲン・ヴォルフ氏の指揮で歌います
 #1. クリスマスオラトリオのNo5.コラール
  #2.マタイ受難曲の終曲120302_2
  #3. カンタータ147番No10
  #4. カンタータ80番 No1

 東日本大震災復興支援へのチャリチィーのために、ドイツ・ライプチィヒの聖ニコライ教会カントール(バッハから17代目)ユルゲン・ヴォルフが《東北レクイエム》を作曲、献呈されたヴァイオリニスト斎藤アンジュ玉藻が初演する。彼女はドイツをはじめヨーロッパで高く評価され、大活躍中の逸材だ。その二人から「グレイス合唱団と共演したい。是非、バッハの音楽を歌って欲しい」と、日ごろの公演趣旨に賛同して出演の申し出があったという。
 グレイス合唱団は1999年4月に、2000年祝祭「メサイアを歌う会」として発足した。その後の活動は、下記のHPでご覧いただけるが、「昨年9月に、ドイツからの新進気鋭の合奏団と共催した《日独修好150周年記念・チャリチィー・コンサート》を終えて、今後はじっくりと、バッハの大曲《クリスマス・オラトリオ》に取り組もうと念じていた矢先、今回のコンサートへの出演招聘を受けました」と園山繁俊団長。 
 斎藤アンジュ玉藻は、2004年ドイツライプツィヒ「インターナショナルゾリステンシリースに最年少で抜櫂。大型新人としてヨーロッパの一流オーケストラとの共演、各地でのリサイタル、テレビ、ラジオ出演を始める。日本人ヴァイオリニストとして初めてドイツのバッハフェストに招聘され、確固たる地位を築いた。ザルツプルグ音楽祭 フランスのブルゴーニュ音楽祭、 ドイツコンチェルトツアー、オーストリア・スロバキアコンチェルトツアー、テレビ ラジオ出演、エジプトピラミッド前の国際交流コンサートなど、各国での文化交流に貢献している。
 今回の共演は昨年6月ライプツィヒで行われたバッハフェストで「ヴォルフさんと共演させていただいたのがきっかけで、彼が東北の事を大変心配してくれました。京都から預かってきた比叡山の声明を見せると、この声明を元にレクイエムを作曲しよう、という話になりました」
 アンジュ玉藻さんが小学生の時に愛する父親を失った時、深い悲しみと絶望の中から救ってくれたのは周りの多くの人々を通して素晴しい音楽と出会ったことだった。…音楽によって、奇跡的に生きるエネルギーを与えられたという。そして昨年の東日本大震災。「一瞬にして、お父さん、お母さん、兄弟姉妹、友人…を奪われて、未来への希望も夢も全てを一瞬にして失ってしまった多くの悲しむ子供たち。それを見て、今度は自分が生きる勇気と希望を、この子供たちに与えてあげる番だと思いました。私はこの子たちが大人になるまで、今後10年は音楽で支援を続けていきたい」と力強く語った。
《東北レクイエム》は無伴奏のヴァオリン独奏曲で、以下の5つの曲からなる。
1.永遠の緑の大地のために
2.入り江の岩たちのざわめき
3.さまよえる魂のために
4.子を残して去った悲しみの親の魂のために
5.世界各国からの慈愛の眼差し

「大変美しい曲で,京都の比叡山でも3月7日奉納されます。仏教の声明から始まり、キリスト教形式のレクイエムに繋がる、正に宗教を超えて鎮魂を願うという曲です」
主催:音の絆 実行委員会 共催 東北チャリティーコンサート実行委員会
協力:アンジュを支援する会 ピュアーアイズ スタジオTO2音楽院

http://www.studio-to2.com 
後援:ウェスレアン・ホーリネス教団 淀橋教会 ユーロピアノ株式会社       
問合せ・申込み:東北チャリティーコンサート実行委員会 Tel:03-3399-0184
 3,000円   
studio-to2@nifty.com 
       アンジュを支援する会Tel:03-3390-4097
               ピュアーアイズ Tel:090-8464-0400 
              淀橋教会 Tel:03-3368-9165             

http://www2.ttcn.ne.jp/~grace/Grace-Choir-Wanted.htm
http://ameblo.jp/studio-to2/(斎藤アンジュ玉藻ブログ)
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。


.

.

« | トップページ | »

コメント

ドイツ・ライプツィヒの聖ニコライ教会のカントールが、東日本大震災支援のコンサートに来るって、ホンマかいな? ス・ス・・・凄い!! そして、斎藤アンジュ玉藻さんの絶品のシャコンヌって、どんなに凄い音が響くんだろう?・・・楽しみです!! それから、東北被災地の子供たちを、これから10年、今度は私が音楽で支えて行きます!! ・・・この玉藻さんの暖かい心根に感動しました!! 玉藻さん、私も応援してますヨ!! ガンバって下さいネ!! 

バッハ大好きさん!
コメントありがとうございます。
今後、配信先に加えさせていただきます。。
会場の淀橋教会は、「椅子を詰めると千人近く入るので、何とか五百人は集めたい」と主催者。急に決まった催しです。クチコミ諸々ヨロシク !!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »