無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

都響のオーボエ首席が有終の美
なんと上野駅で都響がアピール!

 40年務めたオーボエの首席が3月末で退団する。都響の話だ。
 その彼が3/30、マーラーの「大地の歌」で最後の首席を務めた。オーボエはオーケストラの要だ。が、これまで「時々フルートに負けている」と不満を漏らしていた私だが、この夜の彼は、第2、第4、そして最終の第6章で、指揮者インバルのもとアルト歌手と見事な掛け合いをしてのけた。“有終の美”というに相応しい舞台だった。
 330kb
 そして、もう一つ、これが本題。…都響が、ホールから屋外へ飛び出した。JRで上野の文化会館へ向かうファンならお気づきだろうが、先週末、JR上野駅の公園口の改札を出る手前、床に都響のメッセージが掲示されていた。なんと、月末の今日まで!
 少々古い話だが、“翔んでる女”という一昔前のフレーズを思い出した。女性の華麗な“変身”を意味していたが、そのときは、「羊が羽をつけても埃がたつばかりで、まわりが迷惑する」などと揶揄されたりした。
 が、この“Listen!東京都交響楽団”は単なるかけ声ではなく、本気だ。この、駅の床に書かれたキャッチコピーは、楽団のHPに設けられた、スペシャルサイト“Listen!”とリンクしている。
http://listen-tmso.jp/
 音楽監督にガリー・ベルティーニを迎える前のこの楽団、(もう時効だからいいだろう)、存在理由が見当たらないといってもよいほど、文字通り、ドン底だった。
それがどうだろう。
「2008年プリンシパル・コンダクターにエリアフ・インバル、レジデント・コンダクターに小泉和裕が就任。2010年にはプリンシパル・ゲスト・コンダクターにヤクブ・フルシャを迎えた。」…と、自信に満ちている。そして、世間(駅構内)に目を向けた。それに4月には、若いオーボエ奏者を首席に迎えるわけで、ますます目が離せない。
 年度の変わり目、先の見えない、このとんでもない世の中、小さくてもいい、こんな光明が欲しかった。
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。
.
..

2012年3月24日 (土)

パク・ヘユン ヴァイオリン・リサイタル
プロジェクト3×3 Vol.1-2

4/24
(火)pm6:45<名古屋>三井住友海上しらかわホール
4/26
(木)pm7:00<大阪>ザ・シンフォニーホール
4/27
(金)pm7:00<東京>紀尾井ホール

ピアノ:ラウマ・スクリデ

シューベルト: ヴァイオリン・ソナタ イ長調 D.574
ラヴェル: ヴァイオリン・ソナタ ト長調
シマノフスキ: 神話 op.30 より "アレトゥーサの泉"
プロコフィエフ: ヴァイオリン・ソナタ第2番 ニ長調 op.94bis
120427

 昨年スタートした「プロジェクト3×3」。3都市で3年間連続してリサイタルを催すという新企画。次世代を担う才能豊かなアーティストたち、彼らが変貌を遂げる姿を3年にわたって見守っていくこの企画、早や2年目を迎えた。うれしいことに、その後、CDデビューが決まったり、欧米の名門オーケストラと共演して好評を博したりと、彼らは予想以上の活躍をしている。
 今回のパク・ヘユンはその2年目。今回も東京、大阪、名古屋の3都市で。成長ぶりが楽しみだ。この演目を見たら、ヴァイオリン音楽ファンなら、期待しないわけにはいかないだろう。外せない公演だ。
パク・へユンは、2009年第58回ミュンヘン国際音楽コンクールで史上最年少優勝、加えてふたつの特別賞を受賞し、瞬く間に期待の若手ヴァイオリニストとして国際的注目を集めた。
 9歳でソウル・フィルハーモニー管弦楽団との共演でオーケストラ・デビュー。これまでに、バイエルン放送響、シュトゥットガルト放送響、ハンブルク北ドイツ放送響、ミュンヘン室内管、マリインスキー歌劇場管、ベルリン・ドイツ響などのオーケストラと共演。今後も、モントリオール響、ライプツィヒ放送響、フランクフルト放送響、N響、東響、名古屋フィルなどとも共演を予定している。
 このプロジェクトの3日後の4/30、彼女はN響公演でメンデルスゾーンの協奏曲を弾く。
 詳しいプロフィールは以下のURLでどうぞ。
http://amati-tokyo.com/artist/hyeyoon-park.html
全席指定¥3,000  
主催:株式会社AMATI、朝日放送(大阪公演のみ)
申込み:http://amati-tokyo.com/performance/20100918-2.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2012年3月23日 (金)

アンサンブル金沢 第28回 東京定期公演
3/26
(月)pm7:00
サントリーホール

指揮:井上道義
独奏:バンベルク交響楽団メンバー
 カイ・フレンブゲン
(オーボエ)
 ギュンター・フォルストマイアー(クラリネット)
 アレクセイ・トカチャク(ファゴット)
 サボルクス・ツェンプレーニ(ホルン)
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢OEK

ハイドン/交響曲 第94番 ト長調 Hob.Ⅰ-94「驚愕」
モーツァルト
/協奏交響曲 変ホ長調 K.297b
ベートーヴェン/交響曲 第7番 イ長調 op.92

120326 “2011ヨーロッパ夏の音楽祭で喝采を浴びた2つの交響曲”がチラシのウリだ。が、よく見ると右下方に“ドイツ名門バンベルク交響楽団首席メンバーと共演”も。
 昨年夏の海外公演で好評だったハイドンの交響曲第94番「驚愕」とベートーヴェンの交響曲第7番の2曲に加えて、バンベルク交響楽団の首席メンバーを迎えてモーツァルトの管楽独奏のための協奏交響曲も演奏するのだ。
 ハイドンとベートーヴェンももちろんだが、今回 私はモーツァルトの協奏交響曲に注目している。新作か否か、研究が進んでいるそうで、経緯に興味のある方は下記URLなどで御覧いただけます。
http://classic.music.coocan.jp/concerto/mozart/mozart-297b.htm
 それもさることながら、私がこれまで聴いた邦人の演奏では、急緩急の第3楽章でムムムッが生じがちだ。指揮者の前にソロの管楽器奏者が立ち並んで、たゆたゆとした緩楽章の第2楽章から凛々しい第3楽章へ。だが、曲は指揮者を背にしている管楽アンサンブルで始まる。得てして彼らは第2楽章と同じゆったりとした気分で第3楽章に入ってしまう。こう始められてしまっては指揮者はいかんともし難い。でも今回は、「いずれもコンクール入賞やオーケストラでの多くの経歴を持つ凄腕」の首席。しかも、「OEKが得意とする、古典の名交響曲を井上音楽監督が取り上げます」。期待が膨らむの…お分かり頂けるだろうか?
 間際の案内になりましたが、未だ残席少々あるそうです。
S\6,000 A\5,000 B\3,000 C\2,000
問合せ:カジモト・イープラス Tel.0570-06ー9960
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/concert/2012/03/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2012年3月22日 (木)

日本演奏連盟第24回クラシックフェスティバル
PIANO×PIANO

The 24th Classic Festival
4/19
(木)pm6:30
東京文化会館大ホール

120419piano_piano
 
今や陽春恒例のクラシックフェスティバル。24回というのだから然もありなん。2009年の“ピアノ誕生300年”ではピアノ5台を並べるという意表を突く催しもあったが、3年ぶりの“ピアノ大フェスティバル”。チラシ表紙のデザインは2台ピアノだ。2部構成で、2時間半を超える。
 第1部は、1台ピアノの連弾、2台のデュオと、ここまでは、それぞれ原曲を演奏する。が、今回、注目に値するのが第1部最後の、2台それぞれ連弾で8手によるベートーヴェンの交響曲第8番。Photo_7この催しの監修者として名を連ねている小林仁氏の編曲で、第1楽章が演奏される。
左の写真は完成した小林氏の楽譜
 第2部は2台ピアノによるデュオとソロ。トリは清水和音によるショパンの2曲のポロネーズだ。
 贔屓のピアニストを目当てに、も結構だが、これだけ個性豊かな奏者が揃うと、ピアノという楽器の凄さを知る、またとない機会になるだろう。“演連”ならではのフェスティバルだ。

第1部 連弾~デュオ

C_6シューベルト:
 幻想曲 ヘ短調 作品103 D940
   ピアノ連弾
  ピアノデュオドゥオール
  -藤井隆史白水芳枝
               


C_12ブラームス:
ハイドンの主題による変奏曲
作品56b

2台ピアノ
伊藤 恵北村朋幹


C_8サン=サーンス:

 動物の謝肉祭
   2台ピアノ
  デュオ・グレイス
  -高橋多佳子宮谷理香
                  

ベートーヴェン・小林仁編曲:
 交響曲第8番ヘ長調 作品93・第1楽章
  2台8手
  伊藤 恵&北村朋幹、
  藤井隆史白水芳枝

 
第2部 デュオ~ソロ

ルトスワフスキ:
 パガニーニの主題による変奏曲
  2台ピアノC_9
  迫 昭嘉江口 玲

               

ラヴェル:
 ラ・ヴァルス
  2台ピアノ
  迫 昭嘉江口 玲

C_14ラフマニノフ:
組曲第2番 作品17
2台ピアノ
寺田悦子渡邉規久雄

Ckmiura_4
ショパン:
  幻想ポロネーズ 作品61

 英雄ポロネーズ 作品53
  ピアノ・ソロ

  清水和音
   

S4000円 A3000円 B2000円 C1000円
学生割引(25歳以下)各席種1割引(日本演奏連盟のみの取り扱い)
主催・問合せ:日本演奏連盟 Tel:03-3539-5131
申込み:東京文化会館TS:03-5685-0650
http://www.jfm.or.jp/classicfes/index.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

.

2012年3月21日 (水)

公演迫るリストの大作オラトリオ《キリスト》
3/31(土)pm5:30・新宿文化センター 大ホール

 昨2011年「リスト生誕200年」を記念してリストの命日(7月31日)に上演の予定だった、リストの大作、オラトリオ《キリスト》。震災でホール使用不能となり、延期されていた公演が十日後に迫った。 Photo_2主催は淡野弓子が率いる1984年創設のムシカ・ポエティカ(音楽詩学)。合唱団は発足45年になろうというハインリヒ・シュッツ合唱団・東京、発足6年目のメンデルスゾーン・コーア、それに15年目のアンサンブル・アクアリウス。いずれも淡野女史のもとにオラトリオに取り憑かれた面々だ。 これまでの本公演は主に東京カテドラル大聖堂だったが、今回は本格的な2管編成の管弦楽団が共演することに加えて、リストと同時代のオルガン製作者、カヴァイエ・コル型パイプ・オルガンが設置されているホールでの公演となった。
 主催者の詳細は以下のURLでご覧ください。http://www.musicapoetica.jp/
 演目の『キリスト(原題:Christus クリストゥス)は、フランツ・リストが作曲した3つのオラトリオのうち第2作目で、1866年の完成まで5年を要している。72年に出版され、73年5月29日にヴァイマルのプロテスタント教会にて初演。(ウィキペディア参照)Photo_4
 聖書を原典としてキリストの誕生から受難、復活までを描いている点ではヘンデルの『メサイア』の先例があるが、こちらは3部作、計14曲、休憩を入れると3時間半に及ぶ超大作。分厚いスコアだ。 指揮淡野弓子。
「リストは周囲に理解されたいという願いを捨て、ひたすら自分の魂の根源であるキリストに辿り着くことを願ってこの曲を書きました。Photo_6活動50周年演奏会の席で彼は『これは私の遺言』と述べたそうです」と淡野さん。
  ソリストは左からソプラノ平松英子、アルト羽鳥典子、テノール武田正雄、バス浦野智行、キリスト役のバリトン淡野太郎(後方)。
 初出の配信記事と併せてご覧ください。
http://musicalacarte.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-ed09.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2012年3月 9日 (金)

本文昭 音楽監督就任披露演奏会
東京シティ・フィル
第258回定期演奏会

4/18
(水)pm7:00
東京シティ・フィル メンバーのプレ・コンサートpm6:30~
東京オペラシティコンサートホール

指揮:宮本文昭
ピアノ:小山実稚恵

ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より
          第1幕への前奏曲
モーツァルト/ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調 K.595
ブラームス/交響曲 第2番 ニ長調 作品73
120418

「満を持して、という気持ちです」…昨暮の《第九》で完璧なまでの譜読みの深さを目の当たりにしたファンなら、この一言は‘然もありなん’。
 さらに続けて…《完全燃焼》、これが今年のシティ・フィルとのテーマです。オーケストラには、80人のメンバーがいれば80通りの解釈と情熱があります。そこに、「意思」と「色(カラー)」を作っていくのが指揮者の仕事です。
 どうやって束ねていくのか?…一回一回のコンサートを精一杯やり切り、また新たに再生していく。シティ・フィルの情熱と力を存分に出して、ひとつの結晶にしていく。それが音楽監督の仕事です。シティ・フィルとは、今年一年をかけて、一緒に音楽していく「音楽集団」を作ります。
 マイスター・ジンガーの前奏曲は、華やかで門出にふさわしい曲です。モーツァルトのピアノ協奏曲のソリストをお願いした小山実稚恵さんは、5年前に初めてご一緒して、いっぺんにその人柄と音楽性に魅せられ、何度でも共演したいアーティストのお一人です。(そう、ついこの3/6、都響の調布公演ではベートーヴェン《皇帝》、も、もちろん好演でした。モーツァルトの最後の27番はLPレコード時代に新譜を聴きあさりました。ライブで聞く機会は少ないので外せません)
 ブラームスの交響曲2番は、ヨーロッパでは親しい人やオーケストラ仲間のお誕生日などに演奏することもあるような、明るく希望を持てる曲です。すでにシティ・フィルとは、1番の交響曲を共演しておりますので、この就任披露コンサートでは、2番のシンフォニーを演奏したいと思いました。ぜひ、その瞬間を会場に見届けにいらしてください。お待ちしております。…宮本文昭
(この一年、ブラームスを聞くのは1番ばかり。2番に飢えていました。かつて某楽団から「ベートーヴェンの田園って実はすごく難しい」と聞きました。ブラームスの2番も同じことが言えそうです。元気がいいたたみ掛けるクレッセンドより、たゆたゆとニュアンスに富んだ音楽。消え入るような音色に思わず身を乗りだしてしまう…待ち遠しいですね。)
S6,000. A5,000. B4,000. C3,000. X(当日のみ)1,000
ユース・チケット(25才以下)2,000. プラチナ・チケット(60才以上)S4,500. A3,800
申込み:東京シティ・フィル チケットサービス
Tel:03-5624-4002(平日10:30am~6:00pm)
Fax: 03-5624-4114 E-mail: ticket@cityphil.jp
主催:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
http://www.cityphil.jp/concert/c2012/s20120418.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2012年3月 4日 (日)

リスト作曲オラトリオ《キリスト》
3/31
(土)pm5:30
新宿文化センター 大ホール


独唱:
 ソプラノ 平松英子
 アルト 羽鳥典子
 テノール 武田正雄
 バリトン(キリスト)淡野太郎
 バス 浦野智行
合唱:
 ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京
 メンデルスゾーン・コーア
 アンサンブル・アクアリウス
器楽:シンフォニア・ムシカ・ポエティカ
    (コンサートマスター:瀬戸瑤子)
指揮:淡野弓子

注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。
120331_4 
 
昨2011年「リスト生誕200年」を記念し、リストの命日である7月31日に上演の予定だったが、震災でホール使用不能となり、延期されていた公演が実現した。主催者淡野弓子さんの思いに耳を傾けたい。
…リストの宗教作品は、世界的にも上演の機会が極めて少なく、その存在すら知られていないものが多いのですがこの《キリスト》もそのような隠れた名作 の一つと申せましょう。日本では数十年前に山口貴氏の指揮により、1度演奏されたと思いますが、以後全く聴くチャンスはありませんでした。リスト記念年には他団体によるこの作品の演奏もなく、恐らく今後も上演される可能性は少ないであろうと思われます。
 編成は極めて大きくかつ多彩で、ハープを含むフル・オーケストラにロマンティック・オルガン(今回はリストと同じ1811年生まれのフランスの名匠カヴァイエ・コル型大オルガンが設置されている新宿文化センターが会場です!)、さらには「ハルモニウム」という足踏み式のリード・オルガンまでが登場します。
 因に「ハルモニウム」が公開のコンサートに登場するのは非常に珍しいことで、この機会にこの楽器の、透明で雅びな響きを是非とも皆様に味わって頂きたいと願っております。
 声楽陣はバリトンのキリスト役を始め、重要な場面をソロ・アンサンブル(S,A,T,B)が引き締め、そこに合唱が加わります。
 第1部<クリスマス・オラトリオ>、第2部<顕現節ののち イエスの生涯>、第3部<受難と復活>の3部構成で、全体は14曲。序曲を含め3曲はオーケストラのみで演奏され、他にもオーケストラが活躍する場面が多く、通常の意味でのオラトリオというジャンルには収まらないスケールの大きな作品です。
 各部それぞれ50数分を要しますが、中でも第3部に登場し、35分ほどかかる「スターバト・マーテル」はソロ、ソロアンサンブル、合唱にフルオーケストラという壮大な編成で、19世紀の、最も成功した作品といわれています。
 リストがこのような作品を遺した理由や、何故に上演が困難なのか、などなどお話したいことは多々ありますが、まずは多くの方々にこの稀なる作品を直にお聴き頂きたいと切に願う次第です。 
指定:5,000円 自由:4,000円 学生・自由:2,500円
申込み:Fax03-3998-5238 ticket@musicapoetica.jp
主催:ムシカ・ポエティカ
http://www.musicapoetica.jp/schedule.php

.

.

2012年3月 2日 (金)

金聖響/神フィル定期演奏会
第279回オール・ベートーヴェン・プロ
3/10(土)pm2:00
横浜みなとみらいホール   

ベートーヴェン/序曲「コリオラン」作品62
ベートーヴェン/交響曲第8番ヘ長調作品93
ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調作品67「運命」
 
120310 
 常任指揮者就任丸3年となる金 聖響が今年度の締めくくりをベートーヴェンで固め、進境著しい神奈川フィルをアピールしようという意気込み。ベートーヴェンの交響曲は、オーケストラの真価が問われ、真の実力が露わになる作品。マーラーなど大規模作品ばかりでなく、常にオーケストラの基本に立ち返るのが聖響の姿勢だ。
 幕開けの「コリオラン」序曲は、同名の劇に付けられたといわれる作品。コリオランは紀元前5世紀頃のローマの英雄で、作品も勇壮な響きだ。続く交響曲8番は、有名な7番と9番の間に挟まれた地味な存在。規模も小さいので「小交響曲」とも呼ばれるが、軽快で美しい、通好みの充実した作品。
 そしてメインの「運命」交響曲は、言わずと知れたオーケストラ・コンサートでは定番中の定番。ベートーヴェンの最高傑作であるだけに、古今さまざまに解釈され演奏されてきたが、そんな歴史の中で付けられてきた「手垢」をすべて洗い流し、新鮮な驚きとともに披露してくれるのが金 聖響。「運命が戸を叩く」第1楽章から、「運命に打ち勝って未来を拓く」第4楽章まで、息も付かせぬ演奏を繰り広げてくれるに違いない。
料金 S¥6,000 A¥4,500 B¥3,000 学生(B席)¥1,000
※シニア(70歳以上)は各席種2割引き 
問合せ先:
神奈川フィル・チケットサービスTel 045-226-5107
http://www.kanaphil.com/perform/perform.cgi?mode=calendar&q=2012_03
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »