無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年3月 2日 (金)

金聖響/神フィル定期演奏会
第279回オール・ベートーヴェン・プロ
3/10(土)pm2:00
横浜みなとみらいホール   

ベートーヴェン/序曲「コリオラン」作品62
ベートーヴェン/交響曲第8番ヘ長調作品93
ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調作品67「運命」
 
120310 
 常任指揮者就任丸3年となる金 聖響が今年度の締めくくりをベートーヴェンで固め、進境著しい神奈川フィルをアピールしようという意気込み。ベートーヴェンの交響曲は、オーケストラの真価が問われ、真の実力が露わになる作品。マーラーなど大規模作品ばかりでなく、常にオーケストラの基本に立ち返るのが聖響の姿勢だ。
 幕開けの「コリオラン」序曲は、同名の劇に付けられたといわれる作品。コリオランは紀元前5世紀頃のローマの英雄で、作品も勇壮な響きだ。続く交響曲8番は、有名な7番と9番の間に挟まれた地味な存在。規模も小さいので「小交響曲」とも呼ばれるが、軽快で美しい、通好みの充実した作品。
 そしてメインの「運命」交響曲は、言わずと知れたオーケストラ・コンサートでは定番中の定番。ベートーヴェンの最高傑作であるだけに、古今さまざまに解釈され演奏されてきたが、そんな歴史の中で付けられてきた「手垢」をすべて洗い流し、新鮮な驚きとともに披露してくれるのが金 聖響。「運命が戸を叩く」第1楽章から、「運命に打ち勝って未来を拓く」第4楽章まで、息も付かせぬ演奏を繰り広げてくれるに違いない。
料金 S¥6,000 A¥4,500 B¥3,000 学生(B席)¥1,000
※シニア(70歳以上)は各席種2割引き 
問合せ先:
神奈川フィル・チケットサービスTel 045-226-5107
http://www.kanaphil.com/perform/perform.cgi?mode=calendar&q=2012_03
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »