無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年4月 1日 (日)

佐藤久成 ヴァイオリン・リサイタル
~『ニーベルングの指輪』CD発売記念~

5/3
(木・祝)pm2:00
東京文化会館
 小ホール

ピアノ:田中良茂

ワーグナー(オンドジーチェク編):
  歌劇『さまよえるオランダ人』・「序曲」(*:日本初演)
ワーグナー(ジット編):
   楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』・「前奏曲」(*)
ネドバル:ヴァイオリン・ソナタ ロ短調 作品9
ワーグナー(ゲルトナー/佐藤久成編):
   楽劇『ニーベルングの指輪<神々の黄昏>』・「葬送行進曲」(*)
R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 作品18
 

120503vn_2 “この世のものとは思えない雰囲気と色気…往年の巨匠のような濃厚な音色と節回し”と絶賛する宇野功芳のはしゃぎぶりも半端じゃないが、絶版楽譜数万点というコレクション。ただ集めて持っているだけではなく、リサイタルの度に次々と“本邦初演”をしてのけるヴァイオリニスト佐藤久成。今回も演目5曲のうち3曲に日本初演マークが付いている。以下はその彼のコメントだ。
 今年2012年は、日本でのリサイタル・デビュー10年になります。その記念リサイタルはオリジナル・ブランド3枚目のCD『ニーベルングの指輪』発売記念とあわせて、ゴールデンウィーク中の5月3日(木・祝)に開催します。
 オリジナル・レーベル「イヤーズ&イヤーズクラシックス」(YYC)を2010年に立ち上げ、「哀傷のラメント」と「トリスタンとイゾルデ」の2枚のアルバムをリリースしましたが、おかげさまで大好評。全国各地のたくさんの方々に手に取って聴いていただいております。今回は2年ぶりとなる、YYCレーベル第3弾「ニーベルングの指輪」(ワグネリアンによるトランスクリプション&パラフレーズ集)が5月にリリースされます。もちろん、貴重な世界初録音も多数含まれております。
 僕はライフワークとして、世界中で知られざる作品や埋もれた楽曲を発掘、数万曲におよぶ絶版楽譜を収集、それらの蘇演、録音、紹介を積極的に行っております。
 今回の演目は、19世紀ドイツの大作曲家リヒャルト・ワーグナーの楽劇からワーグナーと同時代に生きた往年のヴァイオリニストたちによる3つの貴重な編曲の日本初演、それに、1930年のクリスマス・イヴにクロアチアのザグレブで投身自殺という壮絶な人生を送った知られざるロマン派、ボヘミア出身のオスカル・ネドバルが1896年に作曲したロマン溢れる抒情的でドラマティックなロ短調のソナタ。そして、後期ドイツ・ロマン派の最後の巨匠リヒャルト・シュトラウスの芳醇で華やかなソナタ変ホ長調をお送りします。19世紀の濃厚なロマンを皆様と共有できることを楽しみにしております。
公式サイトhttp://www.hisayasato.com/main.html
前売り4,500円(当日5,000円)、学生3,000円
申込み:東京文化会館チケットサービス Tel:03-5685-0656
主催:レアアーツ音楽工房 http://www.geocities.jp/rareartsmusic/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »