無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年6月30日 (土)

原発禁止を謳ったオーストリアの憲法
チェリスト小澤洋介さん、第149条を
日本語に翻訳し、Facebookで紹介
 オーストリア共和国憲法第149条を日本語に訳してみました。特に第2項をお読みください。13年も前に、原発の禁止を憲法でうたっております。我が国の憲法にもこの条文が不可欠です。

(オーストリア共和国官報)
1999年8月13日刊行
連邦憲章第149条:非核オーストリア
国会は以下のように決する

第1項 オーストリア国内において、核兵器の生産、備蓄、移動、実験およびその使用を禁ずる。また核兵器を設置する施設の建造を許さない。

第2項 核分裂の作用によりエネルギーを生み出す装置をオーストリア国内にて構築は許されない。また、現在すでにあるそれに類するものの使用も許されない。

第3項 国際的な法的義務に觝触しない限り、オーストリア国内における核分裂性物質の輸送は、禁止する。この輸送の禁止は一部もっぱら平和的利用に対しては例外を含むが、しかし、核分裂およびその廃棄物を通してのエネルギー利用の目的はこの例外とはならない。

第4項 オーストリア内で発生する原子力事故による被害、また外国からに由来する被害も含めその補償を法律により確保される。

第5項 この連邦憲法の施行の責任者は連邦政府である。

クレスティル(オーストリア共和国大統領)

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »