無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月13日 (金)

CD:浦山純子 VOYAGE ヴォヤージュ
芭蕉の奥の細道による気まぐれなパラフレーズ
Photo_6ソニー・ミュージックダイレクトMECO-1011

 浦山純子さんは、先日このサイトで7/21開催のピアノリサイタルをオススメ公演として配信しております。今年生誕100周年を迎える柏木俊夫氏作曲「芭蕉の奥の細道による気紛れなパラフレーズ」を主軸としたリサイタル・シリーズの最終回です。
http://musicalacarte.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-c770.html
 その全曲がCDとしてリリースされたので、今日はその紹介です。
 「このピアノ組曲は全17曲で構成されており、西洋と日本のエッセンスが融合された神秘的な響きが魅力です」…演奏会ではほかの曲と併せて3回に分けてプログラミングされました。
 届いたばかりのCD。1、2分の小曲が次々と奏でられるが、待てよ…CDを掛け違えたのかと訝った。フランスものに疎い私だが、なにやらフランク、いやドビュッシー…?。第5曲で、ずいずいずっころばし擬きのリズム。で、やっぱりまちがっていなかった。最初の曲をリサイタルで聴いたのは3年前の2009年。その時は併奏された曲に翻弄され記憶から消えていた。通して聴くと何とも新鮮なのだ。
 この曲について、浦山純子ファンクラブ会長の鈴木達也さん(元スタインウェイ・ジャパン会長)からいただいたコメントでお伝えします。
 作曲家の柏木俊夫さん(1921-1994)は、東京芸大作曲科を卒業後、東京学芸大教授、最後は東京学芸大学名誉教授をされた方。柏木さんは戦争中の1944年、芭蕉の生誕300年を記念して開催された「奥の細道行脚展」に感銘受け、音楽になりうる17句を選び、ピアノ曲として作曲しました。〔芭蕉の奥の細道による気紛れなパラフレーズ〕と題した曲集です。
 敵国の音楽は一切禁止されていた時代、防空壕で作曲、戦災でご自分のピアノも焼け、上野の東京市立第二中学校(現在の上野高校)にあったブルットナーのグランドピアノで作曲を続け、戦後の1948年に完成させました。そのピアノは、浦山さんが、初回演奏した旧奏楽堂の楽器資料室に置いてあります。
 この曲はロマンテイックな西洋的ピアノ曲で、柏木さんが、東京音楽学校(現・東京芸術大学)で、作曲をマーラーの直弟子であるクラウス・プリングスハイムから学んだ、後期ロマン派の流れをくむ作曲法と音楽理論で作られております。
(…私にフランス音楽と聞こえたのには、やっぱり訳があった。)
 浦山純子さんは、ロンドンを中心にヨーロッパ各地で精力的に演奏活動を行い、2005年に日本に拠点を移しました。スタインウェイ・ジャパン㈱による”Young Virtuoso Series”をはじめ日本全国でコンサート活動を展開してきました。リサイタル・シリーズの「心の旅への誘(いざな)い」は、松尾芭蕉の「奥の細道」から着想を得て、日本人作曲家・柏木俊夫氏が作曲した、組曲『芭蕉の奥の細道による気紛れなパラフレーズ』をプログラムの中心に取り上げています。その独創的かつ芸術性の高い企画が音楽界のみならず各方面から注目を集め、2009年7月の第1回公演、2010年6月の第2回公演とも非常に高い評価を得ました。
 今回の第3回公演は、本シリーズの〈最終章〉であるとともに、CDのリリースも記念しています。この『芭蕉の奥の細道による気紛れなパラフレーズ』は、芭蕉のみちのくの旅路をたどる流麗な組曲で、美しい東北の景色へ思いを馳せるような深い旅情に溢れた作品です。浦山氏は東北出身のピアニストとして、本作品の演奏を自らライフワークに掲げ演奏を重ねてきましたが、作曲者・柏木俊夫氏の生誕100年を迎える今年、かねてからの念願であった全曲版CDのリリースを果たすこととなりました。芸術的・文化的に意義の大きな作品として、すでに各方面から話題を集めています。
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=1550&cd=MECO000001011
リサイタルについては、以下のURLで。
http://www.1002.co.jp/junkourayama/
浦山さんのHPには、ロンドン時代にリリースされた素敵な3枚のCDも紹介されています。
http://www.junkourayama.com/
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2012年7月10日 (火)

世界を救う純正律音楽
玉木宏樹メモリアルコンサート

7/28
(土)pm3:00
かなっくホール

JR東神奈川駅前 Tel:045-440-12112012_07_28_a

出演 :
水野佐知香(ヴァイオリン)
西潟昭子(三味線、唄)
野澤徹也(三味線)
吉原佐知子(箏、三味線)
古川原裕仁(ヴィオラ)
千葉順子(ヴァイオリン)
井上雅代(チェロ)
ほか

 今年1月8日、68歳で逝ってしまった、作曲家、バイオリニスト、純正律音楽研究所主宰の玉木宏樹さんの追悼演奏会。“世界を救う”という大きなテントを広げた、その傘下には意を同じゅうする様々な方が集まっておりました。ウィキペディアによると1943年3月13日、私のちょっと後に生まれて、69歳を待たずに去ってしまいました。
 彼の69歳の誕生日の翌日に催された追悼演奏会の録画では、水野佐知香さんの演奏で“早春賦”をお聞きいただけます。
http://just-int.com/
 また、作曲家でヴァイオリニストの玉木宏樹がこよなく愛した「純正律音楽」。「震災に寄せて」という以下のサイトで、彼の自作のヴァイオリン曲を、たっぷりと聴くことが出来ます。
http://www.tamakihiroki.com/
「彼が作曲、編曲した美しいハーモニーの曲を全て紹介するわけにはいきませんが、それでも、今回は、三味線のアンサンブル、お琴のソロ、 ヴァイオリンと三味線、ヴァイオリンと邦楽アンサンブル。後半は、ヴァイオリンデュオ、ヴァイオリンとヴィオラ、弦楽四重奏と盛りだくさんです。詳細はチラシをご覧ください。玉木宏樹作曲、編曲の透き通った、素晴らしく美しいハーモニーの数々をご堪能して頂けるものと確信いたしております。是非ご参加下さい」
入場料: 3,000円
予約:puremusic0804@yahoo.co.jp
主催:NPO法人 純正律音楽研究会(担当:相坂)
〒168-0072 東京都杉並区高井戸東3-2-5-102

Tel:03-5317-0291 Fax:03-5317-0289
彼の「純正律音楽研究会」のURLは、驚くほど単純だ。http://just-int.com/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2012年7月 9日 (月)

SENZOKUストリングオーケストラ
第1回  フランスの至宝プーレを迎えて
7/17
(火)pm6:30
洗足学園 前田ホール

東急田園都市線・大井町線「溝の口」
JR南部線「武蔵溝ノ口」駅 徒歩8分


指揮:原田 幸一郎
ヴァイオリン:ジェラール・プーレ
演奏:SENZOKUストリングオーケストラ

芥川也寸志/弦楽のための三楽章120717_2
T.A.ヴィターリ/シャコンヌ ト短調
E.ショーソン/詩曲 op.25
D.D.ショスタコーヴィチ/室内交響曲 op.110a

第1回とある「SENZOKUストリングオーケストラ」は、1995年に海野義雄教授が創設し、2006年から徳永二男教授が指導してきた「アカデミー室内オーケストラ」の授業を引き継ぎ、今年4月からスタートした。
 初回は、指揮とソリストに、世界を舞台に活躍中の原田幸一郎、ジェラール・プーレの両氏を迎え、「身の引き締まる思いと、感謝の気持ちで練習に励んでまいりました」と運営責任の水野佐知香教授。
「プーレ先生には、是非ともとフランスの曲を一曲お願いしました。また、ヴィターリはイタリアのバロックで生徒さんが必ず勉強する曲です。本物を聴く機会となるばかりか、共演させていただくことで生徒たちの刺激になればと願っています。
 更に、邦人作品にも触れ、ソビエト時代の実情を知り、それを自ら音楽で表現するこのを学んでほしと選曲しました。ショーソンではピアノの川島余里さんが共演されます。
 合奏を初めて経験する者もおりますので、演奏曲の時代的背景、歴史等も、音楽学講師の大宅緒氏に講義をお願いし、準備してまいりました。ますます今後の成長が楽しみな学生たちです。4月から取り組んできた成果と、溌剌とした、初々しい弦楽合奏の響きをお楽しみいただけましたら、幸いです」
1,000円(全席自由)
申込み:洗足学園音楽大学 Tel:044-856-2982
http://www.senzoku-concert.jp
主催:洗足学園音楽大学・大学院
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »