無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年8月31日 (金)

ヴィルトゥオーゾ横浜第12回演奏会
オレグ・クリサ氏を迎えて

音楽を愛する音楽家たちが、横浜を愛する人々へ語りかける
9/2(日)pm2:00
横浜みなとみらい 小ホール

弦楽合奏:ヴィルトゥオーゾ横浜
ヴァイオリン独奏:オレグ・クリサ

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番
渡辺俊幸:ヴィルトォーゾ横浜委嘱作品(新作初演)
シュニトケ:コンチェルト・グロッソ第3番
ほか

120902 今回は、ヴィルトゥオーゾ横浜の創立10年と盟友オレグ・クリサ氏70歳、“記念”が二つ重なった。古今の名曲バッハのブランデンブルク協奏曲に始まり、クリサ氏の益々円熟味を増した演奏でシュニトケの作品を、加えて昨年、日本レコード大賞編曲賞を受賞し、数々の著名な作品を世界に発信し続けている作曲家渡辺俊幸氏の委嘱、新作初演も聞きどころだ。
 ヴィルトゥオーゾ横浜は2003年、横浜を本拠とする弦楽合奏団として誕生した。日本屈指のヴァイオリニスト水野佐知香をコンサートマスターに、それぞれがソリストもしくは主要オーケストラのトップ奏者で構成されている。それが“ヴィルトゥオーゾ横浜”を戴く所以だ。客演にはオイストラフの愛弟子オレグ・クリサ氏を初め優れたソリストとの共演も多い。
 結成後の定期公演を始め各地の演奏会では根強いファンに育まれ、評価は定着しつつある。“何事も足かけ十年”…なのである。「横浜から世界に向けて発信する弦楽合奏団」として、今後の活動が期待されている。
全席指定4,000円
申込み:ホールチケットセンター Tel:045-682-2000
(ホール友の会員:10%引き)
主催:ヴィルトゥオーゾ横浜

協力:横浜みなとみらいホール
http://www.yaf.or.jp/mmh/cooperate/2012/09/post-42.php
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »