無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年9月10日 (月)

続報! Show劇場シリーズ 第5話 
音楽劇『KAIDAN』
 稽古たけなわ!
9/15
(土)pm1:30・pm6:00 昼夜2公演
江東区深川江戸資料館 小劇場

半蔵門線 清澄白川駅・徒歩5分
http://www.kcf.or.jp/fukagawa/map.html

 オペラ界から飛び出した異色のエンターテイナー集団Show劇場メンバーが、桜田作品第五弾『KAIDAN-氷の岩-』に挑む。…雪女の伝説は終わっていなかった。愛するとは、ココロとは何か…。物々しいウリに惹かれて公演迫る稽古場を尋ねた。
 
 
 
 
 
 
P10501131_2 ギリシャ人の小説家ラフカディオ・ハーン(写真左)は明治23年に来日、英語教師として松江に赴任し、小泉セツ(写真右)と結婚。後に小泉八雲と名乗って帰化した。彼の「怪談」は、妻が読み聞かせた日本のお化け民話が元になっている。
 
 代表作の一つ怪談『雪女』がこの“オペラ”の主題。雪女の《お雪》は夫に約束を破られ消えていなくなる。が、消えたはずのお雪が“氷の岩”に姿を変え、宿していた子を産む。怨念に包まれて生まれた“鬼火姫(写真中央)はハーンの前に幻影となって現れ、幽霊たちの霊魂を呼び覚ます。
P10502051_2 実は、ハーンの母は父に捨てられ、幼い彼を捨てて消えたという哀しい記憶がもたらす妄想の世界…。
  
 八雲を始め江戸の怪談話をもとに、桜田ゆみが書き下ろした、新ゴースト・ファンタジー(怪談?)。死してなお念う、美しき幽霊たちの愛の形と、幽霊を愛した男たちの断末魔。「怪談にはtruth(真理)がある」と語り、八雲の心に迫る。
 P10501471
 本格的なクラシック音楽からタンゴ、ポップスまで、音楽劇ならではの劇中生演奏は、ノルトグレン「怪談のバラード」、ピアソラ「リベル・タンゴ」、現代日本作曲家の青島広志「猫」、それにピンクレディー、布施明、岩崎宏美の楽曲など、奇怪な調べが大集結。P10500931_2
残暑の宵、観客をミステリアスな世界へ誘う…。
「新幽霊ファンタジーを創りました。殺人事件から始まり、雪女、むじな、牡丹灯籠、耳なし芳一、勢揃いします。わたしは殺陣と舞、それにタンゴをピアノで弾きます」と桜田さん。
 例によって、奇想天外な展開。一見ハチャメチャだが、収まるところに収まっていく…彼女の腕の見せどころが見ものだ。
写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。
曲目
耳なし芳一、雪女、ムジナ、ろくろ首(ノルトグレン)
雪女、いたち(團伊玖磨)、サルビア(中田喜直)
ミイラ、猫、ほねとかわのおんながいた、白い妖精(青島広志)
愛の讃歌(モノ)、忘れな草(クルティス)
リベル・タンゴ(ピアソラ)、無伴奏チェロ組曲(カサド)
赤いかんざし、かごかき(貴志康一)
白き手に、消えてあとなき(藤井清水)死と炎(大中恩)
ほか


120915kaidanCast
鬼火姫:桜田ゆみ
尼僧・天子:三崎今日子
お雪(雪女):岩崎由美恵
お六(ろくろ首):田辺いづみ
お亀(むじな):坂野由美子
お米(牡丹灯籠):鐵 京子
巳之吉:熊坂正実
萩原新之丞:古澤利人
落武者:劉毅(劇団俳優座)
小泉八雲:島田道生
小泉セツ:武井直美

弥次・供蔵:安田隼人
喜多・耳なし芳一:山口宏一
女形の佑助:山下千夏
おしの・猫:篠原彬子 
おまつ・猫:松尾加奈子
木霊:山口純加 白鳥愛実(子役)

ピアノ:篠原栄子 
ヴァイオリン:副島聖代
チェロ:町田妙子

Staff
作・演出:桜田ゆみ
音楽アドバイザー:青島広志
殺陣指導:劉毅(劇団俳優座)
舞台監督:佐野拓世

大人4,000円 子ども(小学生まで)2,000円
予約・問合せ:桜田オフィス Tel/fax:042-306-0723
yumi1201enchanted@yahoo.co.jp
fax、メールでご予約の際は、氏名、昼/夜、予約枚数をご記入下さい。
ご連絡は直接、桜田オフィスまでお願いします。昼の部は残席わずかです。

http://sakurada-yumi.com/ (ホームページからもご予約できます)
http://www.chamber-opera.jp/cgi-bin/concert.cgi?page=detail&id=271
主催:東京室内歌劇場
協力:劇団俳優座
後援:小泉八雲記念館
協賛・桜田オフィス

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »