無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年10月29日 (月)

十字屋 霜月音楽会 The 22th 
お話と音楽を楽しむ夕べ
全公演pm7:00開演
十字屋ホール

 銀座ならではの質の高い演奏とアットホームなお話。毎年恒例の「霜月音楽会」。第22回の今年はそれぞれの楽器の魅力を、素晴らしい演奏で楽しんでいただく。

11月12日(月)
『ピアノで綴る心の旅路』浦山純子(ピアノ)

ドビュッシー生誕150周年、柏木俊夫生誕100周年記念
西洋と東洋、音楽と文学の垣根を越えたファンタジー。
ドビュッシー:ベルガマスク組曲Photo
柏木俊夫:
   「芭蕉の奥の細道による気紛れなパラフレーズ」より
ショパン:華麗なる大円舞曲 幻想ポロネーズ
 ほか
…トップバッターの浦山さんは、このサイト、イチオシのピアニスト。演奏が始まると10分もしないうちに聴衆を惹きつけてしまう希有な逸材だ。

11月13日(火)
~シェイクスピア時代の音楽~
『古楽器で奏でるメランオリックな恋模様』

アントネッロ(濱田芳通/リコーダー、石川かおり/ヴィオラ・ダ・ガンバ、西山まりえ/バロック・ハープ)Photo_2
 英国は、17世紀に創作家シェイクスピアがその名を轟かせ、現代の私たちの心も捉える逸作が数多く誕生しました。イギリスで愛されたヴァイオル(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、ハープ、リコーダー、3人揃って古楽グループ「アントネッロ」が十字屋に初登場です。
ダウランド:涙のパヴァーヌ
 今こそ去らねばならぬ(蛙のガイヤルド)
作者不明:グリーンスリーブス
ヒューム:兵士の決意 
ほか

…もう10年になろうか、アントネッロを束ねる濱田芳通は、同じ銀座の王子ホールで縦笛横笛を文字通り縦横無尽に操る、バロックハープとの共演はさながら“笛の王子さま”だった。

11月14日(水)
『バンドネオンめくるめくタンゴの世界』

京谷弘司クァルテート・タンゴ
(京谷弘司/バンドネオン、淡路七穂子/ピアノ、会田桃子/ヴァイオリン、田辺和弘/ベース)Photo_5
 アルゼンチンタンゴの首都ブエノスアイレスの港町ボカに生まれたタンゴ、その後、バンドネオンとの運命的な出会いによりたくさんの名曲が生まれました。今日は古典タンゴから現代タンゴのピアソラまで数々の名曲をお楽しみいただく。
フランチーニ:秋のテーマ
瀧廉太郎:荒城の月
ピアソラ:ブエノスアイレスの冬
ほか

11月15日(木)
~世界で最も偉大なオルガン奏者のひとり~
『ヘクター・オリベラ クラシック・オルガン コンサート』

ヘクター・オリベラ(オルガン) 木下真希(通訳)
Photo_8 誰もが心動かされるクラシック・オルガンの響き。その響きにはクラシック音楽のさまざまなエッセンスと魅力が詰まっています。才能あふれる作曲家たちのオルガン作品を通して、荘厳で、華やかで、時には愛らしいクラシック・オルガンの魅力をお楽しみいただく。
バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
マイアベーア:歌劇「予言者」より戴冠式行進曲
フランク:プレリュード、フーガと変奏曲Op.18
ボエルマン:ゴシック組曲Op.25 
ほか

全席自由 5,000円(フリードリンク付)
申込み:十字屋ホール Tel:03-3561-5250
主催: 十字屋ホール
www.jujiya.co.jp
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »