無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年10月 6日 (土)

クラシカル・プレイヤーズ東京
東京芸術劇場
山形テルサ共同制作公演
10/19
(金)pm7:00    
東京芸術劇場コンサートホール

有田正広(指揮)
仲道郁代(フォルテピアノ)
クラシカル・プレイヤーズ東京(オリジナル楽器使用、リーダー:戸田 薫)

W.A.モーツァルト/交響曲第25番 ト短調 K.183
                     ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466
G.ビゼー/交響曲 ハ長調
 
121019
 日本の管弦楽演奏史のエポックメイキング…どういうことかというと…タネを明かそう。
 有田正広音楽監督・指揮のもと、日本最初の本格的な古楽器オーケストラとして1989年4月に結成された「東京バッハ・モーツアルト・オーケストラ」が、2009年3月公演もって20年の歴史を終え、その後そのメンバーを中心に、その年6月、「クラシカル・プレイヤーズ東京」と改称。バロック、古典派にロマン派のレパートリーを加えて活動を開始した。
 オリジナル楽器(作曲された当時の楽器)オーケストラの名門、クラシカル・プレイヤーズ東京と仲道郁代のコラボレーションは今回が第2回。仲道がフォルテピアノ(モーツァルトが想定したピアノの原型)を使用し、モーツァルト不朽の名作、ピアノ協奏曲第20番に挑む。
 
仲道さんとのコラボ初回はショパンの生誕200年記念の2010年に、ショパンが生存時代のプレイエルとオリジナル楽器オケによる世界初となる公演として、コンチェルト2曲を取り上げている。
 今回は、映画「アマデウス」でもテーマ曲として使用された交響曲第25番。さらに、オリジナル楽器による日本初演となるロマン派の名作、ビゼーの交響曲が、作曲家が想定したであろう響きで今、甦る!!…こう云われては、外せない。
 それに、リニューアルによって、より響が豊かになった芸劇での公演だ。出演者のプロフィールなど詳細は、下記のHPでご覧いただけます。
S席:4,000円、A席:3,000円、B席2,000円 ※全席指定     
http://www.geigeki.jp/performance/concert006/                    
申込み:東京芸術劇場ボックスオフィス Tel:03-5391-3010
*東京文化会館友の会 割引あり(S、A席20%)
東京文化会館チケットサービス
Tel:03-5685-0650
主催:東京芸術劇場 (公益財団法人東京都歴史文化財団)
                     
※未就学児の同伴・入場はご遠慮ください。
山形公演 10/21(日)pm2:00
山形テルサ Tel:023-646-6677
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »