無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年11月26日 (月)

小林沙羅 ソプラノ リサイタル
SARA kobayashi SOPRANO RECITAL

12/5(水)pm7:00 大阪・いずみホール
12/7(金)pm7:00 東京・紀尾井ホール

ピアノ:森島英子

H.パーセル(ブリテン編曲):憐れみの天使よ、教えて下さい
F.ブリッジ:行かないで幸せな日よ

               あなたの恋人に何と伝えましょう
               
愛はペガサスに乗って
B.ブリテン:歌曲集「この島で」
12120507sp20121125_00000
         1.華やかな音楽で褒め称えよ
            2
はしきりに散って
        3.海の風景
      4.夜想曲
            5.本当に、豊で
F.シューベルト:音楽に寄せて
           アヴェ・マリア
R.シュトラウス:薔薇のリボン
                      明日

G.マーラー:春の朝
        思い出
        誰がこの歌を作ったのか
W.A.モーツァルト:オペラ「フィガロの結婚」より
      "とうとう嬉しい時がきたのね~恋人よ早くここへ"
A.ドヴォルジャーク:オペラ「ルサルカ」より
     "月に寄せる歌"
C.F.グノー:オペラ「ロミオとジュリエット」より
    "私は夢に生きたい"

 小林沙羅さんのプロフィールを拝見すると、国内公演のオペラでは、『トゥーランドット』リュー、『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル、『魔笛』パミーナ、パパゲーナ、『フィガロの結婚』スザンナ、『イリス』芸者役、『こうもり』のアデーレ。海外では今年2月にソフィア国立歌劇場に『ジャンニ・スキッキ』にラウレッタ役でデビュー、翌3月には同歌劇場の『愛の妙薬』にアディーナ役で出演、6月にはウィーン楽友協会大ホールでベートーヴェン「第9交響曲」のソロを務め、今月はソフィア国立歌劇場来日公演「ジャンニ・スキッキ」のラウレッタ役で、4日から15日の間の5公演に出演…と引っ張りだこ。
だが、本格的なリサイタルは初めてという。出演依頼が相次ぎ、リサイタルの時間が取れなかったのかもしれない。彼女の舞台をたくさん見ているわけではないが、井上道義指揮の芸術劇場公演『トゥーランドット』のリュー役では、可憐でしかも芯のあるリュー役を見事にこなし、リュウ役の何たるかを教えられた。
 今回のリサイタルでは前半に歌曲を歌うのだが、今月ソフィア国立歌劇場の来日公演に出演した後またウィーンに戻られたそうで、忙しい中、選曲についてコメントをお送りいただいた。
 「主に文化庁研修期間中にウィーンの先生と共に勉強した曲の中から、メロディーが綺麗で、特に私の好きな曲を選んでプログラムを作りました。今回のリサイタルには、海外研修の成果を日本の皆様に聴いて頂く、という意味も込められています。前半のイギリス歌曲は私にとって新しいレパートリーなのですが、思いがけず私の声に合っていて、歌っていてしっくりしました。日本ではあまり歌われない曲も選びましたが、素敵な曲ばかりなので、きっと気に入って頂けると思ってます。
 後半のドイツ歌曲は、学生時代から勉強していたものも、新たにレパートリーに加えたものもありますが、ドイツ語圏で2年半生活して、その中で得た言語の感覚も加わり、より身近に感じられるようになった歌詞を、客席にお届けできれば、と思っています。そして、もちろんオペラの勉強もしましたので、アリアも大好きな物を選びました。できるだけ偏らないように、私の声や表現のいろいろな面を皆さまに見て頂けたら、と思って選びました。
 ピアニストの森島英子さんは、大学に入りたてのまだまだ何も歌えないような頃から私を知って下さっていて、音楽的にも、人生の面においても、いろいろお話して下さり、人間としてもピアニストとしても、とても尊敬しています。東京、大阪での初めてのリサイタル、ぜひとも森島さんに弾いて頂きたいと初めから思い、すぐにご連絡しました。今回共演が叶ってとても嬉しいです。聴きに来て下さる皆さまに、楽しい時間を過ごして頂けるよう、素敵な公演にしたいと思います」
 小林さんの詳細なプロフィールは下記のHPでご覧頂けます。
http://www.sarakobayashi.com/
全席指定 S4,000円 A3,500円、B3,000円、学生2,500円
問合せ・申込み:ヴィーナスクラシックス事務局 Tel:03-6418-1008
主催:ビルボードジャパン
http://billboard-cc.com/classics/2012/12/billboard-venus-classics-3.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »