無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2012年12月 9日 (日)

ニューイヤー・フレッシュ・コンサート
第7回“光り輝く若き才能たちの競演”

20131/13(日)pm3:00
洗足学園 前田ホール

東急田園都市線/大井町線「溝ノ口」駅・
JR南武線「武蔵溝ノ口」駅 下車 南口 徒歩8分

指揮者/大山平一郎
毛利文香(Vn)
2012年 ソウル国際音楽コンクール優勝
小澤瑠衣(Sax)第28回日本管打楽器コンクールSax部門第2位入賞

ブラームス/ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77130113
グレグソン/サキソフォン協奏曲
ムソルグスキー(ラヴェル編)/組曲「展覧会の絵」

 洗足学園ゆかりのフレッシュ、コンクール上位入賞の若き才能たちをソリストに、神奈川フィルと華々しくニューイヤーを祝う。
 ブラームスのヴァイオリン協奏曲を弾く毛利文香さんは今年4月、韓国でおこなわれた「ソウル国際音楽コンクールヴァイオリン部門」でシベリウスの協奏曲を弾いて日本人初優勝。しかも最年少優勝を果たしたのだから、今もっとも活躍が期待される若手ヴァイオリニストといえよう。
 1994年 神奈川県生まれ。3歳半の時、田尻かをり氏に師事してヴァイオリンを始め、7歳から現在まで水野佐知香氏に師事。現在、洗足学園高等学校普通科3年及び桐朋学園大学音楽学部ソリストディプロマコース在学中。ソリストディプロマコースでは原田幸一郎氏に師事。他にオレグ・クリサ氏、ナムユン・キム氏等のレッスンを来日時に受講。これまでに数多くのコンクールに受賞、小林研一郎指揮で同大学管弦楽団とブルッフの協奏曲第一番を共演。注目を集める最中の受賞だった。
 その、今春のコンクールでシベリウスの協奏曲を弾く様子、
2012 Seoul International Music Competition“1st Prize_Fumika MOURI”
は34分全曲を、以下のURLでご覧いただけます。
http://www.lamer-unnan.com/kenjya/contents7.html
 その文香さんは、「ブラームスのコンチェルトは初めてです。とても弾いてみたいと思っていた曲の一つです。オーケストラと共演させてもらう機会を頂いたことを、とても嬉しく思います」と素直に喜ぶ。
 サキソフォンの小澤瑠衣さんは、2009〜11年洗足学園音楽大学特別選抜演奏者に認定され、前田奨学金を得る。今春、洗足学園音楽大学成績最優秀賞を受賞し、サクソフォーン科を首席で卒業する。11年第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門第2位入賞。第82回読売新人演奏会・第9回サクソフォーン協会新人演奏会に出演。これまでにサクソフォンを宗貞啓二、室内楽を池上政人、ジャズサックスを佐藤達哉の各氏に師事。
http://profile.ameba.jp/ruiozawa/
全席指定 一般 3,000円 小~大学生 1,000円
申込み;神奈川フィル・チケットサービス Tel:045-226-5107
http://www.kanaphil.or.jp/Concert/concert_detail.php?id=100
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »