無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月19日 (土)

さい先のよい年明け 新鋭×2+来日オペラ
佐藤寛子メゾソプラノ・リサイタル」…新進演奏家育成プロジェクト…
・ニューイヤー・フレッシュ・コンサート…洗足学園 神フィル公演…
・プラハ国立劇場『フィガロの結婚』…武蔵野市民文化会館…

 松がとれた週末。続けて出掛けた新人の2公演と、それに続く来日オペラ。いずれも聴き応えのある公演だった。この分だと、今年は善いことが続きそうだ。

その1:「佐藤寛子メゾソプラノ・リサイタル」
  演連新進演奏家育成プロジェクト-

    1/12(土)・東京文化会館小ホール

Ms 藝大声楽科から修士課程独唱科修了。コンクール歴など日本歌曲が多く、「第九」やミサ曲などで、プロフィールにオペラ公演は見当たらない。敢えてマスコミ露出はと云えば、全国選抜高校野球開会式で「君が代」、出身の山形県民歌「最上川」の独唱。歌曲のリサイタルは大抵はソプラノで、メゾソプラノのリサイタルは滅多に聴けない。地味な略歴だが、好奇心が湧いた。
 この日の演目は、前半が畑中良輔と高田三郎。だが、感動を呼んだのは後半の、なんとレスピーギの歌曲だった。元々、歌曲をさほど聴いてきているわけでないのだが、レスピーギは全くお初。粒立ちのよいピアノ(森裕子)と相まって至宝のひとときだった。
 と、最後の「夕暮れ」は弦楽四重奏とメゾソプラノのためのとある。おもてなしの心意気さえ感じられる催しだった。

その2: 「ニューイヤー・フレッシュ・コンサート」
 1/13・洗足学園前田ホール 神奈川フィル公演


Photo コンクール上位入賞の若き才能たちをソリストに、神奈川フィルと華々しくニューイヤーを祝うコンサート。昨春 ソウル国際音楽コンクール優勝のヴァイオリン毛利文香と第28回日本管打楽器コンクールSax部門第2位入賞の小澤瑠衣。どちらも洗足学園ゆかりのフレッシュ・アーティストだ。
http://musicalacarte.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-73bb.html
 開幕を飾ったのは毛利が弾くブラームスの協奏曲。これが絶品だった。この先ずっと記憶に残るだろう名演奏だった。彼女の協奏曲は昨秋のモーツァルト、暮れの《四季》に次ぐ、三度目の正直だったのだが、大山平一郎指揮で神フィルが素晴らしいサポートをしてのけた。この春、高校を卒業する毛利。終演後の上気した表情に、彼女はきっと音楽の素晴らしさを実感したと思う。3歳からヴァイオリンを弾き続けてきて、本当に“よかった”と。

その3:プラハ国立劇場公演『フィガロの結婚』
  
1/15(火)・武蔵野市民文化会館

 ウィーンでの初演の評判が芳しくなかったのに引き換え、翌年モーツァルトが指揮したこの劇場での公演は絶賛され、次作「ドン・ジョヴァンニ」の作曲の依頼もあったという。
 数年前の来日公演来、この演出で観るのは2度目。休憩後の場面で、相変わらず伯爵がゴルフのパターの練習をするのだけは難ありだが、実に分かり易い演出なのだ。モーツアルトが天才なのは周知のことだが、「なるほど」と、それが実感できる。なめらかさに欠けたコンテッサ役も次第に艶をまし、最後のアリアはお見事。終わりよければ全てよしのたとえどおりだった。   
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2013年1月16日 (水)

東京シティ・フィルの宝たち
ナビゲーター 宮本文昭

第32回ティアラこうとう定期演奏会
~東京シティ・フィル弦楽メンバーが魅せる驚きの世界~
2/2
(土)pm3:00 pm2:15開場:プレ・コンサートあり
ティアラこうとう大ホール

(都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉駅」A4出口から徒歩4分)

東京シティ・フィル弦楽メンバー
ヴァイオリン・ソロ : 戸澤哲夫

(東京シティ・フィル・コンサートマスター)
            
モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」
グリーグ:組曲「ホルベアの時代より」 作品40
            
         
130202_2 昨春、音楽監督に就任した宮本文昭氏は指揮ではなく、ナビゲーターとして登場する。
 早速、趣旨説明が始まった。
…表題の東京シティ・フィルのティアラこうとう定期演奏会は今回が第32回。かつてドリフターズの公開収録が行われていた江東公会堂が“ティアラこうとう”という新しいホールに生まれ変わって後、東京シティ・フィル、東京シティ・バレエ団と江東区が全国でもめずらしい芸術提携を結んだ。その芸術提携は2014年に20周年を迎える。これを機に、江東区がこれからも、豊かな文化を感じられる街になるよう…中略…みなさまもご存じのとおり、東京シティ・フィルは、総勢60名を要するオーケストラですが、これからはメンバー全員で演奏するコンサートだけではなく、弦楽、木管、金管の各アンサンブルによるミニコンサートを通して、地元の皆さまとのふれあいの機会を増やして行こうと考えました。
 その第1回が、今回の弦楽セクションのメンバーのみの演奏会です。「四季」、「ディヴェルティメント」、組曲『ホルベアの時代より』は、どれも弦楽アンサンブルの名曲です。その演奏を、東京シティ・フィルのメンバーと一緒に、江東区との新たな取り組みの一歩として、お届けしたいと思います。ヴァイオリン・ソロは、コンサートマスターの戸澤哲夫。東京シティ・フィルの大黒柱です。そして今回は、あえて、指揮者なしの演奏会で、メンバーの自主性と熱意を聴いていただきたいと思います。
 東京シティ・フィルが、もっと身近に、メンバーひとりひとりが、素晴らしい音楽家であることをご紹介しながら、演奏を通じて、皆さまと一緒に前に進んでいきたいと思います。…中略…皆様からのリクエストもお待ちしております。どうぞ、ティアラこうとうにいらして、演奏を聴いてください。メンバーの熱い想いを感じてください。そして東京シティ・フィルのメンバーのファンになっていただければ、こんなに嬉しいことはありません。題して“東京シティ・フィルの宝たち”です。
全席指定:S席3,500円 A席2,800円
申込み:東京シティ・フィル チケットサービス Tel:03-5624-4002
           Fax: 03-5624-4114 E-mail: ticket@cityphil.jp
http://www.cityphil.jp/concert/c2012/t20130202.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2013年1月14日 (月)

G・ビゼー 歌劇カルメン
Alkor版 全4幕/字幕付
原語&一部日本語上演

東京芸術劇場シアターオペラ6
5都市共同制作公演
平成24年度文化庁「優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業」
2/17(日)pm2:00
東京芸術劇場コンサートホール

カルメン(ジプシーの女、レジスタンス):ジュゼッピーナ・ピウンティ
ドン・ホセ(混血の伍長):ロザリオ・ラ・スピナ
エスカミーリョ(闘牛士):ダニエル・スメギ
ミカエラ(現地人の娘):小川里美
スニガ(現地人の将校):ジョン・ハオ
モラレス(現地人の伍長):三塚 至
フラスキータ(レジスタンスの女):鷲尾麻衣
メルセデス(レジスタンスの女):鳥木弥生
ダンカイロ(レジスタンス):晴 雅彦
レメンタード(レジスタンス):ジョン・健・ヌッツォ
振付:中村恩恵(コンテンポラリーダンス)
演出:茂山あきら
指揮:井上道義
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢
コーラス:武蔵野音楽大学130217
      (合唱指導:横山修司)
児童合唱:世田谷ジュニア合唱団
     (児童合唱指揮:掛江みどり)

 ビゼーの不朽の名作「カルメン」を、スペインの植民地だった19世紀のフィリピン・マニラに置き換え、指揮・井上道義、演出・茂山あきらでよみがえらせる。タイトルロールを務めるのは、イタリアから来日するジョゼッピーナ・ピウンティ。当り役のカルメンを新演出で演じる。
 設定の置き換えは、このシアターオペラの演出、茂山あきらの腕の見せところだ。4ページ建てのチラシ2面に、その一端が「カルメンは良く解らない」と題して載っています。
「なぜ、カルメンと言うオペラはこんなに良く上演されるのでしょうか?ずいぶん前の事になりますが、ニューヨークでピーターブルックの演出のカルメンを見た事が有ります。舞台一面にほんま物の砂を入れた壮大な舞台でした。外国語をほとんど解せないボクは、おおまかな筋立てを予習して舞台に観客として臨みました。でも、殺されるカルメン殺すホセの気持ちを充分に理解する事は出来ませんでした。何年か立って近松の心中物の死出の道行きを見ていてふと思いついた事が有ります。それぞれの個人的な事由、それぞれの民族性、それぞれの時代を理解する事が出来なければ、男女の仲を本当に理解する事は難しいのではないでしょうか。昨日の、今日の、明日の、スペインの、アメリカの、日本の…不思議です。良く解りません。上演回数の多さはどうもここに有りそうです。今回のカルメンは、舞台をアジアに変えての舞台です。西洋の「カルメン」東洋の「カルメン」さて、ご覧頂くお客様にどのような思いを持っていただけますやら?」
 また、HPの特設ページには、早々プログラムノーツも出演者のプロフィールと共に載っています。
http://www.geigeki.jp/performance/concert009/
全席指定
S13,000円 A9,000円 B7,000円 C5,000円 D3,000円 E1,500円
申込み:東京芸術劇場ボックスオフィス Tel:03-5391-3010
主催:石川県立音楽堂/オーケストラ・アンサンブル金沢(財団法人石川県音楽文化振興事業団)/ハーモニーホールふくい(財団法人福井県文化振興事業団)/新川文化ホール(財団法人富山県文化振興財団)/東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)/名取市文化会館(財団法人名取市文化振興財団)/仙台フィルハーモニー管弦楽団
特別協賛:株式会社JTB法人東京
助成:文化庁/公益財団法人三菱UFJ信託芸術文化財団
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2013年1月12日 (土)

髙橋 梓 ヴィオラ・リサイタル
日本演奏連盟 新進演奏家育成プロジェクト
ピアノ/山﨑早登美
2/3
(日)pm2:00
東京文化会館 小ホール

マルチェッロ/ソナタ第1番 ヘ長調
クラーク/ヴィオラ・ソナタ
ヒンデミット/無伴奏ヴィオラ・ソナタ Op.25-1
ブラームス/ヴィオラ・ソナタ第1番 ヘ短調 Op.120 Nr.1
130203va
 1987年来、通算200回を超す、通称“演連コンサート”。今回は滅多に聴けないヴィオラのリサイタルだ。
「初めてのリサイタルということで、私の音楽人生で大切な日に因んだプログラムにしようと考えていました」と、抱負が寄せられた。
…今回のプログラムは、ヴィオラ奏者にとって、重要なレパートリーで構成されています。
・作曲者自身がヴィオラ奏者だった
・ほかの楽器で作曲されたが、作者自身がヴィオラ用に編曲した
・今日、様々な楽器で演奏されている曲
様々なヴィオラの魅力をお伝えできたらと思っての選曲です。
 まず、一曲目のマルチェッロは、初挑戦の曲です。私の演奏を聴きに来てくださる全ての皆さんへご挨拶の曲にしようと、オープニングは明るい雰囲気の曲を選びました。
 毎年、“この曲を取り組もう”と、年初めに目標を立てるのですが、2011年に計画したのが女性作曲家クラークです。とてもエネルギッシュな作品ですが、その中に感じる女性らしさが私は好きで、リサイタルをする時はクラークを弾きたい!とずっとあたためていました。
 また、ヒンデミットの作品は一つは入れたいと思っていました。私自身、ヒンデミットの曲を弾くたびに、新たなヴィオラの魅力を発見します。
 ブラームスは、サントリーホール室内楽アカデミー一期の第1回ワークショップでの課題曲でした。音楽での会話を体感できた、私にとって、とても大切な時間でした。普段は弦楽四重奏を主に活動していますが、ピアノとのアンサンブルに魅力を感じた、思い出深い曲です。
 共演者の山﨑早登美さんは、大学時代から一緒にアンサンブルさせていただいて、毎回色々学ばせていただいている、尊敬する先輩&先生です。良い時ばかりではなく、辛い時もいつも隣にいてくださいました。一緒に音の会話をするのが幸せな時間です。
 髙橋梓さんは、3歳よりヴァイオリンを始め、15歳でヴィオラに転向。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学を経て、同大学院修了。
 第3回独・クヮッケンブリュック国際芸術コンクール第1位、第9回日本演奏家コンクール第1位及び芸術賞、第5回大阪国際音楽コンクール室内楽部門弦楽最高位、第11回日本アンサンブルコンクール優秀演奏者賞及び全音楽出版社賞、第7回千葉市芸術文化新人賞等受賞。霧島国際音楽祭、英・ライデール音楽祭、伊・サルデーニャ音楽祭等に参加し、研鑽を積む。プロジェクトQ、藝大室内楽定期演奏会、NHK-FM「名曲リサイタル」、サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン等に出演。これまでにヴァイオリンを茂木佳子、藤原浜雄、澤和樹の各氏に、ヴィオラを菅沼準二、C. ルローン、大野かおるの各氏に師事。現在、サントリーホール室内楽アカデミーフェロー。
 ピアノの山﨑早登美さんも、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学を経て、同大学院修了。これまでにピアノを白石朋子、水田香、植田克己、K. シルデの各氏に、室内楽を岡山潔、植田克己、田中千香士の各氏に師事。第41回全日本学生音楽コンクール東京大会第2位。第9回宝塚ベガ音楽コンクール第3位。1997年、東京文化会館新進演奏家デビューコンサートに出演。第15回大曲新人音楽祭グランプリ。第67回日本音楽コンクール(毎日新聞・NHK共催)入選。これまでに東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京藝術大学管弦楽研究部(藝大フィル)、警視庁音楽隊等と協演。第9回日本演奏家コンクールにて、伴奏者賞を受賞。また、浜松国際管楽器アカデミーをはじめ各種音楽祭、講習会等で公式伴奏者を務めるほか、国内外のアーティストとの共演やリサイタル、室内楽のコンサート、新曲の初演、放送への録音など、多岐にわたり活動している。現在、東京音楽大学弦楽科非常勤講師(伴奏・室内楽)。

 
全席自由 2,500円
申込み:日本演奏連盟 Tel:03(3539)5131
主催:文化庁/公益社団法人 日本演奏連盟
http://www.jfm.or.jp/concert/?m=detail&l=1&d=10
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2013年1月10日 (木)

東京クヮルテット 特別出演 “師弟の共演”
SENZOKUストリング・フェスティバル 2013

2/11
(月・祝)pm2:00 130211
洗足学園 前田ホール

JR南武線「武蔵溝ノ口」駅、東急田園都市線
・大井町線「溝の口」駅南口
 徒歩8分

・東京クヮルテット(客演) 
  
マーティン・ビーヴァー(第1ヴァイオリン)
   池田 菊衛(第2ヴァイオリン)
   磯村 和英(ヴィオラ)
   クライヴ・グリーンスミス(チェロ)

・アンサンブル・デュナミス
 
(洗足学園音楽大学卒業生の弦楽合奏団)
・SENZOKUストリングオーケストラ 

L.v.ベートーヴェン:
弦楽四重奏曲 第11番 ヘ短調 作品95「セリオーソ」 第1、4楽章
演奏:東京クヮルテット&アンサンブル・デュナミス

D.D.ショスタコーヴィチ/室内交響曲 ハ短調 作品110a
演奏:東京クヮルテット& SENZOKUストリングオーケストラ

F.J.ハイドン/弦楽四重奏曲 第34番 二長調
  作品20-4 Hob.III:34「ヴェネツィアの競艇」
演奏:東京クヮルテット

H.ヴォルフ/イタリア風セレナード
演奏:東京クヮルテット
 & SENZOKUストリングオーケストラ&アンサンブル・デュナミス

 いきなりですが、この催しで学園のメンバーと共演する東京クヮルテットのニュース。
「世界屈指の弦楽四重奏団として国際的に高い評価を受ける東京クヮルテットが、6月をもって、引退することが発表されました。創設メンバーの磯村和英(ヴィオラ)と、1974年に入団した池田菊衛(第2ヴァイオリン)の両名が、同団から引退することを発表しておりましたが、新メンバーを加えることなく、東京クヮルテットはその輝かしい活動に終止符を打つことになりました」所属事務所の発表だ。
http://blog.goo.ne.jp/japanarts
 東京クヮルテットは、1969年に創設した翌年、いきなりミュンヘン国際コンクールで優勝して以来、世界最高峰の弦楽四重奏団としてメンバー交代をしながらも、40年以上にわたり世界各地の聴衆を魅了してきた。同団は、欧米を中心とする演奏活動の傍ら、教育活動にも積極的に取り組んでおり、1977年以来米国イェール大学音楽部にてアーチスト・イン・レジデンスとして後進の指導に当たっている。
 なにを隠そう。「この洗足学園には2005年から大学院の公開講座を開いて以来、毎年のように公開講座を実施し、大学院生は一緒に演奏しながらご指導していただいております。学生たちにとってはとても勉強になり、様々なことを学ぶチャンスでもあります。その後、その成果を発表する演奏会も必ず行っております」…その恩師とも言うべき四重奏団が引退するとあって、“ジョイントコンサート”。彼らの念願が叶ったのだ。
 上記の演目リストにあるように、ハイドンの34番全曲は東京クァルテットの演奏だが、他の曲は、学園の現役・OBの各楽団の各パート首席の席に東京クヮルテットのメンバーが座る。これぞ、紛れもない“師弟の共演”だ。そして次のことからも、彼らの師が途轍もない資質の持ち主だと言うことがお解りいただけよう。
 そのクヮルテットの現在のメンバーは、19世紀の伝説的名手ニコロ・パガニーニが入手し演奏したことにちなんで名付けられた、有名な一揃いのストラディヴァリウス「パガニーニ・カルテット」を使用している。これらの楽器は、1995年に日本音楽財団がワシントンDCのコーコラン・ギャラリー・オブ・アートから買い取って以来、東京クヮルテットに貸与されているものである。詳細なプロフィールはウィキペディアでご覧いただける。

SENZOKUストリングオーケストラ
 1995年に海野義雄教授が創設、2006年から徳永二男教授が指導を続けてきた「アカデミー室内オーケストラ」の授業科目を引き継ぎ、2012年4月から「SENZOKUストリングオーケストラ」と名称を新たにスタートした、伝統ある学部生による弦楽合奏団である。2012年度統括責任者は前期に水野佐知香、後期に永峰高志各教授が担当し、指導にはヴァイオリニストの三浦章広、川田知子、チェリストの銅銀久弥、コンバシストの黒木岩寿各氏等、日本を代表する多くの本学教員アーティスト達が指導を行っている。
これまで、東京
クヮルテットメンバーによる指導は大学院の特別講座等で行われ、学生達は多大な影響を受けてきた。今回、2013年6月に解散を控えた東京クヮルテットと最後の共演ができる機会を得、日々研鑽に励んでいる。

アンサンブル・デュナミス
 洗足学園音楽大学出身の演奏家によって2001年に結成された弦楽合奏団。フィリアホール、みなとみらいホールなどで毎年定期演奏会を開催するほか、青葉の街土曜コンサートで青葉区のケーブルTV、長野県にて特別演奏会、ミューザ川崎シンフォニーホール・ランチタイムコンサート、ARISTOHALL クリスマスコンサート、中 博昭 楽壇生活50周年記念コントラバス・リサイタルに出演するなど、精力的に活動を行っている。また、2010年3月にはミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター、ローレンツ・ナストゥリカ氏を迎えて軽井沢、横浜公演を、2010年4月には日本とロシアを活動の拠点とするヴァイオリニスト アナスタシア・チェボタリョーワ氏と、2011年9月には、世界的マリンバ奏者 神谷百子と共演し好評を博す。
「デュナミス」とはギリシャ語で『可能性』の意味を持ち、メンバー個々の可能性と音楽性を持ち寄り独自の音楽作りをめざしている。

http://www.geocities.jp/ensemble_dunamiz/
全席自由 一般3,000円 学生2,000円
申込み:洗足学園音楽大学 演奏部 Tel:044-856-2981(平日10:00-17:00
http://www.senzoku-concert.jp/concert/?concert_id=400
主催:洗足学園音楽大学・大学院
後援:「音楽のまち・かわさき」推進協議会
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

2013年1月 5日 (土)

東京芸術劇場リニューアル記念
インバル/都響 [新]マーラー・ツィクルスⅤ

1/20(日)pm2:00

指揮:エリアフ・インバル
フルート:上野由恵
管弦楽:東京都交響楽団

W.A.モーツァルト/フルート協奏曲第2番 ニ長調 K.314/285d
G.マーラー /交響曲第5番 嬰ハ短調


1301201_2 今を遡ること25年前、インバルはマーラー指揮者としての名声を不動のものとした。この芸劇でも、1990年のオープニング時に、シノーポリとフィルハーモニア管弦楽団のマーラーチクルスは大変な話題となった。
 そして2012年、開館から20年以上経過し1年半の工事休館を経て、リニューアル・オープンした新装“芸劇”を舞台に現代最高のマーラー指揮者、インバルと東京都交響楽団による至高の“新・マーラー・ツィクルス”第5弾がいよいよ始まる。
 モーツァルトの協奏曲で共演する上野由恵は、東京芸術大学修士課程修了だが、その受賞歴が凄い。列記すると、第2回東京音楽コンクール第1位。第15回日本木管コンクール第1位、コスモス賞(聴衆賞)、兵庫県知事賞、朝日新聞社賞。第1回北京ニコレ国際フルートコンクールセミファイナリスト。第76回日本音楽コンクール第1位、岩谷賞(聴衆賞)、加藤賞、吉田賞、E・ナカミチ賞。といった具合だ。
 これまでに、読売日響、新日フィル、東京響、東フィル、関西フィル、セントラル愛知響、京都市響、芸大フィル、瀬戸フィル、チェコ・フィルや、チェコ・フィルハーモニー六重奏団、ベルリン・フィル首席奏者によるアマルコルド・カルテット・ベルリンなどと共演している。
 TVやラジオの出演も多いが、2010年からJELA主催「世界の子供支援」チャリティー事業にも積極的に参加し、全国でのコンサートを行っている。
 2011年、オクタヴィア・レコードよりデビューCD「オペラ・ファンタジー」、「歌楽ーイサン・ユン フルート作品集」を2枚同時リリース。現在、洗足学園音楽大学非常勤講師。
 全席指定 S席6,500円 A席5,500円 B席4,000円 C席3,000円 D席2,000円
申込み:芸劇ボックスオフィス:Tel 03-5391-3010
http://www.geigeki.jp/performance/concert001-5/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »