無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年1月16日 (水)

東京シティ・フィルの宝たち
ナビゲーター 宮本文昭

第32回ティアラこうとう定期演奏会
~東京シティ・フィル弦楽メンバーが魅せる驚きの世界~
2/2
(土)pm3:00 pm2:15開場:プレ・コンサートあり
ティアラこうとう大ホール

(都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉駅」A4出口から徒歩4分)

東京シティ・フィル弦楽メンバー
ヴァイオリン・ソロ : 戸澤哲夫

(東京シティ・フィル・コンサートマスター)
            
モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」
グリーグ:組曲「ホルベアの時代より」 作品40
            
         
130202_2 昨春、音楽監督に就任した宮本文昭氏は指揮ではなく、ナビゲーターとして登場する。
 早速、趣旨説明が始まった。
…表題の東京シティ・フィルのティアラこうとう定期演奏会は今回が第32回。かつてドリフターズの公開収録が行われていた江東公会堂が“ティアラこうとう”という新しいホールに生まれ変わって後、東京シティ・フィル、東京シティ・バレエ団と江東区が全国でもめずらしい芸術提携を結んだ。その芸術提携は2014年に20周年を迎える。これを機に、江東区がこれからも、豊かな文化を感じられる街になるよう…中略…みなさまもご存じのとおり、東京シティ・フィルは、総勢60名を要するオーケストラですが、これからはメンバー全員で演奏するコンサートだけではなく、弦楽、木管、金管の各アンサンブルによるミニコンサートを通して、地元の皆さまとのふれあいの機会を増やして行こうと考えました。
 その第1回が、今回の弦楽セクションのメンバーのみの演奏会です。「四季」、「ディヴェルティメント」、組曲『ホルベアの時代より』は、どれも弦楽アンサンブルの名曲です。その演奏を、東京シティ・フィルのメンバーと一緒に、江東区との新たな取り組みの一歩として、お届けしたいと思います。ヴァイオリン・ソロは、コンサートマスターの戸澤哲夫。東京シティ・フィルの大黒柱です。そして今回は、あえて、指揮者なしの演奏会で、メンバーの自主性と熱意を聴いていただきたいと思います。
 東京シティ・フィルが、もっと身近に、メンバーひとりひとりが、素晴らしい音楽家であることをご紹介しながら、演奏を通じて、皆さまと一緒に前に進んでいきたいと思います。…中略…皆様からのリクエストもお待ちしております。どうぞ、ティアラこうとうにいらして、演奏を聴いてください。メンバーの熱い想いを感じてください。そして東京シティ・フィルのメンバーのファンになっていただければ、こんなに嬉しいことはありません。題して“東京シティ・フィルの宝たち”です。
全席指定:S席3,500円 A席2,800円
申込み:東京シティ・フィル チケットサービス Tel:03-5624-4002
           Fax: 03-5624-4114 E-mail: ticket@cityphil.jp
http://www.cityphil.jp/concert/c2012/t20130202.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »