無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年2月21日 (木)

モーツァルト『魔笛』 第57回 声楽研究会公演
ピアノと合奏による 字幕付き原語上演
3/3(日)pm5:30開演  
府中の森芸術劇場ウィーンホール

130303演出・指揮  升水弘之
タミーノ    菊地 伸吾
パミーナ    武田 千宜
パパゲーノ  幸田 敦
夜の女王    土田 雅子
ザラストロ  谷茂岡一人
パパゲーナ  金子二三代
モノスタトス 田中淳一
侍女1  風間優子
侍女2  田中牧子
侍女3  北根吉子
童子1  宗和彩乃
童子2  赤澤 舞
童子3  小野里桃子
武士1・僧侶1  飯島 一佳
弁者・武士2僧侶2 守屋栄一
合唱  アンサンブル・バッカナーレ
子供  青空児童合唱団
合奏  アンサンブル・バッカナーレ合奏団
フルート 守 真弓
ヴァイオリン  芳賀夏子
ヴァイオリン  杉村直香
チェロ  広瀬直人
グロッケンシュピール 川﨑 有紀子   
ピアノ  坂本知加子

パミーナ役の武田千宜さんから案内をいただきました。1993年から府中を中心に活動している声楽研究会(主宰・坂本利彦)の公演。なんと活動を開始して今年ちょうど20年になる。第57回というから年に2回以上の公演を打っている訳だ。今回の趣旨は、以下の通り。
1.音楽を勉強した人たちに演奏会、オペラ出演の場を提供する。
2.モーツアルト作曲 オペラ『魔笛』を、地域で演じることにより、オペラに馴染みのない人に鑑賞の場を提供し、地域の音楽文化向上に寄与、貢献する。
 歌唱は原語でセリフは日本語。ピアノと合奏による上演で、ソリストはプロ、アマチュアを問わずオーディションで、決定。合唱は オーディションなしで、幅広くどなたでも。
ただし、収益を上げるための公演ではありませんので、レヴェル向上を目指してはいますが、いたずらに、技術優先ではなく、アマチュアリズムを、大切にしています。市民参加を意図しています。したがって、ソリストにも出演料を支払うのではなく、参加費をもらい、それらで、公演をしています。衣装も自前、装置も手作りです。
http://homepage3.nifty.com/opera/ 
 パミーナ役の武田千宜さんは、一昨年、かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール公演の『フィガロの結婚』スザンナ役で絶妙の演技を披露した。今回のお姫様役も持ち前の味のある演技が期待できる。二期会会員。
http://chiyo-takeda.cocolog-nifty.com/
主宰・坂本氏のプロフィールは以下のHPでご覧いただけます。
http://homepage2.nifty.com/pianoensemble/
全席自由 1500円
販売:府中の森芸術劇場TC:Tel 042-360-4044(窓口販売のみ・予約不可)
問合せ・申込み
yfa8028@nifty.com
主催:声楽研究会
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »