無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年2月26日 (火)

宮本文昭のショスタコーヴィチ「革命」
東京シティ・フィル第267回定期演奏会

3/16
(土)pm2:00*1:30PMプレコンサートあり
東京オペラシティ コンサートホール

指揮:宮本文昭
ヴァイオリン:千々岩英一
(パリ管弦楽団副コンサートマスター)
コンサートマスター:松野弘明

シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
ショスタコーヴィチ/交響曲 第5番 ニ短調 作品47

130316 音楽監督宮本文昭が2012年シーズンのラストに選んだのはパッション溢れる作品。まずはフィンランドの厳しい自然やロシアの圧政に決して屈することのない民族の魂を感じさせるシベリウスのヴァイオリン協奏曲。名門パリ管弦楽団の副コンサートマスターを長年務める千々岩英一が誇り高く歌いあげる。
…実はサイト主宰の私は、シベリウスVn協奏曲の追っかけ。それまでCDなどで漫然と聞いていたのだが、忘れもしない2001年4月14日、初台のオペラシティ。音楽コンクールの70周年記念ガラ・コンサートで弾いた小林美恵の雅な超絶技巧! バックは飯森範親/東京交響楽団。その後都内で聴ける公演はほとんど聴き続けたが、いまも記憶に残る名演はラクリン、クレーメル、そしてジェニファー・ギルバートで、やっと4指。五指目が未だ現れていない。
 この日の千々岩は、1998年からパリ管弦楽団の副コンサートマスター。東京芸大附属音楽高校を経て同大学を卒業後、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に学び、審査員全員一致の一等賞を得て卒業。田中千香士、数住岸子、ピエール・ドゥカン、フィリップ・ヒルシュホルン、ワルター・レヴィンの各氏に師事。フランス国立管弦楽団、パリ管弦楽団などのソリストとしてドナウエッシンゲン、ラジオフランス現代音楽祭、ストラスブール・ムジカ音楽祭等に、室内楽奏者としてはベルリン芸術週間、オールドバラ、クフモ音楽祭等に出演。近年はゲストコンサートマスターとしても活躍しており、ラジオフランス管弦楽団、紀尾井シンフォニエッタ定期演奏会等に客演した。日本では東京シティ・フィルと2007年にベルク、2008年にエルガーの協奏曲を共演、2009年にはサントリーサマーフェスティヴァルで東京都響と共演。2011年フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。使用楽器は1740年製オモボノ・ストラディヴァリウス。というツワモノだ。
 後半のショスタコは、ソビエト政権下にあって、静かに、しかししたたかに自己の芸術性を貫いたショスタコーヴィチの交響曲第5番「革命」。この曲に込められた真の意味に、“完全燃焼”を目論むマエストロ宮本が挑む。
http://www.miyamotofumiaki.com/
全席指定S\6,000 A\5,000 B\4,000 C\3,000 X\1,000(当日券のみ)
プラチナ・チケット(60歳以上)S\4,500 A\3,800
ユース・チケット(25歳以下、S以外から選択)\2,000
女子会限定チケット《プリンセス・パック》S女性3名1組\15,000(10組限定)
申し込み:東京シティ・フィルTC
:03-5624-4002(平日10:00~18:00)
座席指定できるオンラインチケットサービス http://www.cityphil.jp/
主催:一般財団法人 東京シティ・フィル財団
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »