無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年4月16日 (火)

ガラ・コンサート  第412回 日経ミューズサロン
全ロシア音楽コンクール2010年優勝者

ピアノ・ヴァイオリン・チェロ・女声部門の覇者を迎え
ロシア文化フェスティバル2013 IN JAPAN」参加公演
5/17
(金)pm6:30
日経ホール
130517_4


「全ロシア音楽コンクール」は、才能ある若い音楽家たちを見いだし、支援することを目的として、2010年3月4日よりロシア連邦政府によって開催されることになった。クラシックと民族音楽の各ジャンルで4年のサイクルで行われる。初回は、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽の4つの部門で開催。11年は、交響楽および合唱の指揮、室内楽演奏の3つの部門、12年は吹奏楽、パーカッション、ハープ、オルガンの4部門、13年は民族楽器の部門で行われる。この4年間が今後繰り返され、ロシアのすべての連邦地区で開催される。主催はロシア連邦文化省。
   第412回日経ミューズサロンでは、10年度の主な優勝者と最高位受賞者を迎えガラ・コンサートを開催する。厳しい登竜門を突破した今ロシアでもっとも注目されている若き才能の饗宴をお見逃しなく。

ピアノ部門第1位
エレーナ・ローシ
スクリャービン/ピアノ・ソナタ 第5番 作品53
ラフマニノフ/「楽興の時」作品16より 第1番 変ロ短調
エチュード「音の絵」ハ短調 作品39-1 

ヴァイオリン部門第2位(1位なし)
ドミートリー・スミルノフ
アルヴォ・ペルト/ヴァイオリンとピアノのためのフラトレス
チャイコフスキー/ワルツ・スケルツォ 作品34
「なつかしい土地の思い出」作品42より 瞑想曲

チェロ部門第1位
アレクサンドル・ラム
ガスパール・カサド/無伴奏チェロのための組曲
ラフマニノフ/チェロとピアノのソナタ ト短調 作品19より
           第3楽章 アンダンテ
ロストロポーヴィチ/ユモレスク 作品5

独唱部門・女声 第1位
ナタリヤ・ドミトリエフスカヤ(ソプラノ)
ヴェルディ/オペラ「椿姫}より 第1幕 ヴィオレッタのアリア
            "ああ、そはかの人か~花から花へ"
ベッリーニ/オペラ「夢遊病の女」より アミナのアリア
                         "ああ、信じられない"
プッチーニ/オペラ「つばめ」より マグダのアリア
                        "ドレッタの美しい夢"

  ピアノのエレーナ・ローシは、1989年カザン市生まれ。2006年にジュガーノフ記念カザン国立高等音楽院付属中等音楽専門学校を卒業後、カザン国立高等音楽院卒業。ロシア連邦大統領奨学生。08年、第5回セルゲイ・ラフマニノフ記念国際青少年コンクールで第1位ほか受賞多数。
 ヴァイオリンのドミートリー・スミルノフは、1994年8月26日サンクトペテルブルグ生まれ。4歳でヴァイオリンを始める。現在サンクトペテルブルグ国立音楽院付属中等音楽専門学校在学中。カーネギーホールなどでの海外公演が多い。2006年D.オイストラフ記念モスクワ国際ヴァイオリンコンクール優勝および「N.パガニーニ作曲カプリッチョの優秀演奏」特別賞ほか受賞多数。
 チェロのアレクサンドル・ラムは、1988年5月9日ウラジオストク市生まれ。1995年、カリーニングラード市のR.グリエル記念児童音楽学校でチェロを始める。現在は国立モスクワ国立音楽院の学生(N.N.シャホフスカヤ教授に師事)。2005年、第1回ケンブリッジ国際コンクール第1位ほか受賞多数。
 ソプラノのナタリヤ・ドミトリエフスカヤは、1987年キスラボツク生まれ。97年サソフォノフ記念キスラボツク音楽学校の合唱指揮科を卒業。2004年ラフマニノフ記念国立ロストフ音楽院独唱科(M.N.フドベルドワ・クラス)卒業。同年、ロストフ国立音楽劇場のソリストに迎えられる。06年、第1回ガリーナ・ヴィシネフスカヤ国際オペラ芸術家コンクール第1位ほか受賞多数。
 各出演者の詳細なプロフィールは下記URLでご覧いただけます。
  http://www.nikkei-events.jp/concert/130517.html

全席指定:一般 3,500円 子供 2,500(小学生以上高校生以下)
*子供券は日経ミューズサロン事務局のみの取り扱い。

日経ミューズサロン事務局 
Tel:03-3943-7066
電子チケットぴあ Tel:0570-02-9999 (音声認識予約・Pコード 191-948)
e+(イープラス)
Confetti(カンフェティ)Tel:0120-240-540(フリーダイヤル)
日経ショップ Tel:03-6256-7682
主催:日本経済新聞社
協賛:ファンケル
後援:駐日ロシア連邦大使館、ロシア連邦文化省
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »