無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年8月13日 (火)

クライネス・コンツェルトハウスop.31
8/26
(月)pm7:00
東京文化会館 小ホール

モーツァルト:行進曲 ニ長調 KV408/2
ハイドン:交響曲 第88番 ト長調 Hob.I-88
西澤健一:交響曲 第1番(委嘱作品)
モーツァルト:3つのドイツ舞曲より第1番/第2番 KV605
モーツァルト:交響曲 第38番 ニ長調 KV504「プラハ」

 結成20年を迎えるクライネス・コンツェルトハウス管弦楽団による第31回は、交響曲の王道ハイソンとモーツァルト、それに盟友の西澤健一に委嘱した交響曲第1番の初演。西澤健一で忘れがたいのは、オール弦楽四重奏曲という彼の個展。2008年学士会館で、すべて書き下ろしの初演。3曲の弦楽四重奏曲を「1つのセット」として発表した。弦楽四重奏というとハイドンの親しみやすさはむしろ例外で、とかく構えて聴きがちだ。でも、“現代作家”の作品だということを忘れてるほど馴染んでしまう。その彼の初の交響曲!これはもう外せない。 http://www.kenichinishizawa.net/
 今回は、管弦楽曲。この20年、信頼し合う仲間が集った。
ヴァイオリン:三戸素子
ヴァイオリン:浜野考史130826_9
ヴァイオリン:水村浩司
ヴァイオリン:印田千裕
ヴァイオリン:塗矢真弥
ヴァイオリン:徳井えま
ヴァイオリン:真野謡子
ヴァイオリン:磯 晃男
ヴィオラ:長谷川弥生
ヴィオラ:宇佐見久恵
ヴィオラ:柳澤崇史
チェロ:小澤洋介
チェロ:宮澤 等
チェロ:根津 要
コントラバス:那須野直裕
コントラバス:吉田水子
フルート:高野成之  葛西賀子
オーボエ:久壽米木知子  関水萌子
ファゴット:早川志保  岩本淳子
ホルン:萩原顕彰  皆川理恵
トランペット:班目加奈  松原一郎
ティンパニ:坂本雄希

 クライネス・コンツェルトハウスは、ヨーロッパから帰国した小澤洋介、三戸素子が1993年に有志と共に活動をはじめた音楽集団。二重奏から管弦楽までそのレパートリーは幅広い。そのポリシーは「深く楽曲と向きあい、充分な練習で演奏する。そしていつも最先端を目指す」
 31回目を迎える東京文化会館での定期演奏会のほか、女優・蜷川有紀とのハイドン「十字架上の七つの言葉」のコラボレーション、日本R.シュトラウス協会例会、メキシコ・シナロワ音楽祭、ヨーロッパ演奏旅行でも好評を得る。また横浜イギリス館でモーツァルト室内楽シリーズ全11回を経て、現在は学士会館および自由学園・明日館で後期ベートーヴェンとバルトークの弦楽四重奏曲を中心とした例会が進行中。「音楽の友コンサート・ベストテン」に何度も選ばれている。NHKFM出演。2009年に貴重なフィビフとドホナーニのCDを録音。
 西澤健一は、国立音楽大学音楽学部作曲学科中退。第3回福井ハープ音楽賞コンクール作曲部門奨励賞受賞。第9回吹田音楽コンクール作曲部門入選。第5回国際作曲コンクールB部門第1位、児玉賞受賞。第4回東京国際室内楽作曲コンクール第1位。メキシコ・シナロワ音楽祭、セルバンティーノ国際芸術祭で取り上げられる。ブリュッセルにて個展を2回にわたり開催。国内でも東京・津田ホール、東京文化会館他、大阪にて個展多数。現在までに70曲を数える作品は、そのほとんどが著名な演奏家より委嘱を受けて 作曲されており、再演の機会も多く好評を得ている。
全自由席 4,000円
申込み:ハラヤミュージックエンタープライズ
TEL:03-3587-0218 FAX:03-3505-2386
http://www.harayamusic.com/companyprofile.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

...

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »