無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年9月30日 (月)

2013 モーツァルト劇場
30周年記念コンサート

10/19
(土)pm2:00
浜離宮朝日 小ホール

131019 昨年6月のガラコンサート「モーツァルトからオッフェンバックまで」の公演では、これまで当劇場とご縁のオペラ歌手ら20人が参加した。が、公演当日、主宰の高橋御大は病床にあった。
 その後、復帰して「今回登場する歌手たちは、ほとんど舞台を組めるほどに各場面をつくり、演技を伴った歌唱をしています…」とアピールした。
 この演目と出演者を知ったら、外せないと思われるかたも多いでしょう。例えば、前半でデズピーナ、後半でパパゲーナとパパゲーノの二重唱を黒田博と歌う高橋薫子さん。これだけでも出掛ける価値があるのですが、お馴染みで人気の品田昭子さんの名も。 
 ところが、またもや高橋氏から、「いよいよ第2部の“映像によるハイライト”がもう仕上がるという段階で、メルトダウンしてしまい、現在入院中、ICUで戦っています。何とかここを出て皆さまと直に顔を合わせて、盃を交わしたいと戦っております。
~モーツァルトが微笑んでくれれば実現すると信じております。…国立医療センター・ICUにて~」
 まさに全身全霊を傾けての公演だ。
企画構成・訳詞 高橋英郎

第1部

1.「後宮からの解放」より
ベルモンテのアリア〈喜びの時に愛は微笑む〉吉田伸昭
ブロンデのアリア〈娘心を捉えるには〉品田昭子

2.「クレタの王イドメネウス」より
イドメネウスのアリア〈やっと海から解放されたのに〉蔵田雅之

3.「フィガロの結婚」より
フィガロのアリア〈もう飛べないぞ 恋の蝶々〉松井康司
スザンナのアリア〈いとしい人 早くここへ〉足立さつき

4.「コジ・ファン・トゥッテ」より
フィオルデリージのアリア〈どうぞ許して愛しい人〉石上朋
デスピーナのアリア 〈女も15になれば〉高橋薫子

5.「皇帝ティトゥスの寛容」より
アンニオのアリア〈陛下は裏切られました〉田村由貴絵
ティトゥスのアリア〈皇帝たるもの〉蔵田雅之
セルヴィリアのアリア〈涙を流すことしか〉鵜木絵里 
ヴィテッリアのアリア〈匂い立つ花の冠を〉高橋照美    

6.「羊飼いの王様」より
アミンタのアリア〈いつまでも変わらぬ愛を〉小宮順子
                 ヴァイオリン オブリガート 左近協子

7.オッフェンバック「チュリパタン島 愛の賛歌」より 
アレクシスのアリア〈鳴り響くものは〉小貫岩夫
エルモーザとアレクシスの二重唱〈もし私が男なら〉
                    鵜木絵里・小貫岩夫
8.「地獄のオルフェ」より 
ハエの二重唱〈ジー、ジー、ジー〉森朱美・松井康司
 

9.「魔笛」より
 
タミーノの絵姿のアリア〈まばゆいばかりの美しい姿〉布施雅也
パパゲーノの首吊り〈ひとつ、ふたつ、みっつ〉黒田 博
パパゲーナとパパゲーノの二重唱〈パ、パ、パ〉高橋薫子・黒田博
         ピアノ  山口佳代・福崎由香・高木美来
第 2 部
乾杯!
映像紹介 ハイライトで観るモーツァルト劇場30年
*リムスキー・コルサコフ「モーツァルトとサリエリ」
*トマ「ハムレット」
*モーツァルト「救われたベトゥーリア」
*プーランク「ティレジアスの乳房」
*ドビュッシー「ペレアスとメリザンド」
*木下牧子「不思議の国のアリス」 ほか
映像:ベーシック ピュア・ビジョン
編集:モーツァルト劇場 

入場料 4,000円(乾杯費を含む)
主催:モーツァルト劇場  http://www.mozart.gr.jp/
助成:一般社団法人東京倶楽部
チケット取扱い:モーツァルト劇場
Tel&Fax 03-3338-5004 
E-mail:info@mozart.gr.jp
郵便振替:00160-0-40584 モーツァルト劇場  
銀行振込:三菱東京UFJ銀行 阿佐ヶ谷支店 普通0817555 モーツァルト劇場

注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »