無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2013年10月19日 (土)

フランスバロックは劇場趣味がお好き
ソナール・カンタンド公演
10/27
(日)pm5:00
早稲田奉仕園スコットホール

アクセス
http://www.hoshien.or.jp/map/map.html

春日保人(バリトン、バロック・フルート)
丹沢広樹(バロック・ヴァイオリン)
小池香織(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
春日万里子(チェンバロ)

N.R.de グランヴァル:コミック・カンタータ「グレゴワール」
F.クルボワ:カンタータ「オルフェ」

~アルカンジェロ・コレッリ没後300年記念~
F.クープラン:トリオソナタ「パルナッスス山もしくはコレッリ賛」

131027 フランス・バロックは劇場趣味がお好き?
 …イタリアで発展したカンタータがフランスへと渡ったとき、彼らは独自の朗唱法と、優雅かつ壮麗な旋律美で彩った。
 そこにはフランスで流行していた正歌劇「抒情悲劇トラジェディ・リリーク」での舞台が垣間見え、あたかも劇場に迷い込んだかのような壮麗さを感じさせる。
 かと思うと民衆のなかに紛れ込んでしまったかのような茶番劇が姿を見せる。フランスのバロック人たちはスぺクタルが大好きなのである。
 そして今年はかのコレッリの没後300年。巷ではコレッリ本人の音楽に溢れているが、ひねくれ者の僕らは違う。
 音楽の神アポロが待つパルナッスス山にコレッリを導いたミューズのように、ソナール・カンタンドが皆様に月桂樹ならぬ音楽の冠を被せよう。
ソナール・カンタンドについては下記HPでご覧ください。
http://kasugayasuto.com/sonarcantando/
 
全席自由:前売り3500円 当日券4000円 学生券2000円
主催:ソナール・カンタンド  sonarcantando@gmail.com 090-3438-8024(春日)
後援:聖徳大学SOA音楽研究センター、東海大学教育学部芸術学科音楽学課程
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

 

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »