無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2014年3月31日 (月)

田中良茂Yoshishige Tanakaピアノ・リサイタル
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ連続演奏会Ⅷ

5/5
(月・祝)pm2:00
東京オペラシティ・リサイタルホール

ベートーヴェン/
ピアノ・ソナタ第12番 変イ長調 op.26
ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 ≪熱情≫ op.57
ピアノ・ソナタ第24番 嬰ヘ短調 ≪テレーゼ≫ op.78
宇澤とも子/ピアノ・ソナタ(2011)


140505  連続演奏会も佳境に入り、いよいよ23番の〈熱情〉が登場する。「私にとって〈熱情〉は、音楽を本格的に始めるきっかけとなった作品で、何よりも平常心でコンサートを行えればと思っています」と田中良茂さん。
 宇澤とも子さんをご紹介してくだっさった、作曲家の稲森安太己さんは「宇澤さんはまだ若く東京音楽大学在学中ですが、すでにいくつかのコンクールで成績を残し、学外でも活躍の場を広げている方です。ピアノ・ソナタからは、奇をてらわない書法、よい意味で新しい音楽への慎重なアプローチを感じます」と。
 田中さんは「スケール感と楽想の緻密な表現の両方を満足させる」(音楽の友誌)と評価されるているが、1973年東京生まれ。桐朋学園大学、同大学院大学、ケルン音楽大学、同大学大学院現代音楽室内楽科で学ぶ。2001年イタリア・キジアーナ音楽院でマウリツィオ・ポリーニ氏のセミナー・オーディションで、ポリーニ氏に称賛され合格。以降、本格的な演奏活動にはいる。
 梅田俊明氏指揮の桐朋学園アカデミー・オーケストラ、イオネッシュ・ギャラティ氏指揮でルーマニア・オルテニア・フィルハーモニー・オーケストラなどと共演。日本フィルハーモニー交響楽団とはピアノ、チェレスタ奏者として100回を超える出演。N響、シティ・フィル、日フィル、読響等の団員との室内楽共演も多い。2006年雲南芸術学院音楽大学より客員教授として招かれ、昆明ラジオ局主催による中国デビュー・コンサートでは大成功を収める。NHK-FM「現代の音楽」、「名曲リサイタル」などに出演。05年からベートーヴェンピアノ・ソナタ全曲演奏に挑む。
 2010~11年には日本室内楽振興財団等の助成を受けて、世界初といわれるベートーヴェンピアノ協奏曲室内楽版の全曲演奏をクァルテット・エクセルシオ、赤池光治氏、三浦克之氏とともに行う。11年ピアノ・パートを校訂したベートーヴェンピアノ協奏曲第2、3、5番の室内楽版楽譜が、ヤマハミュージックメディア/プリズムより出版された。同3、5番を収録したCDアルバムも、Altus/キングインターナショナルから発売された。
 また、ヴァイオリニスト佐藤久成氏との共演CDアルバム「オード・エロティーク」は、レコード芸術誌で特選に選ばれた。13年には「東京・春・音楽祭」にも参加。近年には文化庁派遣事業などを通じ、離島や遠隔地の子どもたちに室内楽版でピアノ協奏曲を届ける活動にも力を入れている。
 ピアノを岩崎淑、小川典子、駒沢とみ子、権藤譲子、ピーシェン・チェン、野島稔、橋本正子、故・林秀光、藤井一興、星野安彦、三上桂子、ギュンター・ルートヴィッヒの各氏に、現代音楽をペーター・エトヴェーシュ、デビット・スマイヤースの各氏に、室内楽を岩崎洸、藤原浜雄の各氏に、指揮法を高関健氏に師事。
http://www.pf-tanaka.com
全席自由 4,000円 *応援する会3,500 ☆学生2,000
*応援する会は、手数料など一切不要。すぐに入会できます。
☆学生は数に限りがあります。当日受付で学生証をご提示ください。 
問合せ・チケット申込み:MAT音楽事務所
Tel:03-6657-5151
後援:神田ふくしま歯科
協力:青葉ピアノ
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »