無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2014年6月14日 (土)

  

岩崎洵奈ピアノコンサート
   ~ウィーンの響き~

   Featured SAUTER piano 
  Made in Germany since 1819
       8/6
(水)pm7:00
タワーホール船堀 小ホール

地下鉄都営新宿線「船堀駅」下車。步1分

モーツァルト:ピアノソナタ ニ長調 K.576
ベートーヴェン:  ピアノソナタ 第17番 作品32-1「テンペスト」
ショパン:幻想ポロネーズ 作品61 変イ長調 


140806 アルゲリッチからも賞賛を受ける実力派ピア二スト岩崎洵奈が、創業以来現存する最古のピアノメーカー SAUTER(ザウター)のピアノで、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンを弾く。
 輸入元の島村楽器によると、SAUTERピアノは、ウィーンのシュトライヒャーの工房で修行したピアノ職人、ヨハン・グリムが1819年に郷里の南ドイツ・シュパイヒンゲンで創業した。
 ヨハンの師匠、シュトライヒャーの妻ナネッテ・シュタインは当時ウィーンに滞在していたベートーヴェンを支援していた関係からヨハンはベートーベンとも接点があった可能性があると言われている。ちなみにナネッテの父シュタインはウィーン式アクションを完成させ、モーツァルトが使用したことで知られている。
「ウィーン式アクション」を使ったSAUTERはベーゼンドルファーと共に南ドイツ派とされている。「ウィンナトーンと呼べるのはこの2つのピアノだけ」。そんなSAUTERピアノの創業はベーゼンドルファーより9年早い。 創業の1819年といえば、ベートーヴェン49歳。晩年の数年間お付き合いがあったと思われる。
 SAUTERピアノは「100%Made in Germany」にこだわり製造されている。例えば響板などに使われるトウヒ材は1100m以上の高地に生息する樹齢100年以上のドイツ産を使用。製造工程においても、その8割をマイスターの手作業によって製造するなど、195年間にわたって、伝統的な製造方法を守りながら丁寧に作られている。
 今回、岩崎さんが弾くピアノは、SAUTER セミコンサートグランド220 OMEGA。
 岩崎洵奈さんは、東京藝大器楽科ピアノ専攻卒業。ウィーン国立音大ピアノ科でヤン・イラチェック氏に師事。数々の国際コンクールで入賞を果たすが、2010年第16回ショパン国際ピアノコンクールではディプロマ賞を受賞し、審査員のマルタ・アルゲリッチ氏から賞賛を受ける。ヨーロッパ各地でリサイタルを開催し、音楽祭に招待される。平成21年度文化庁新進芸術家海外研修生。第127回セントラル愛知交響楽団定期演奏会で三ツ橋敬子氏と共演。第515回日本モーツァルト協会例会演奏会でヴァイオリニストのセルゲイ・マーロフ氏と共演、「音楽の友」誌で絶賛される。
HP:www.junnaiwasaki.com  ブログ:ameblo.jp/junnaiwasaki/
一般2,000 会員1,500円(全席自由)*未就学の方は入場できません。
主催:島村楽器株式会社 協賛:SAUTER Pianofortemanufaktur
申込み・問合せ:島村楽器ピアノセレクションセンター
Tel:048-845-8191
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

..

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »