無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2014年8月10日 (日)

メルビッシュ湖上音楽祭 ガラコンサート
Seefestspiele  Morbisch  Gala Concert
9/29(月)昼・夜2公演:東京 すみだトリフォニーホール
9/30
(火)夜:東京 オペラシティコンサートホール
10/3
(金)夜:大阪 ザ・シンフォニーホール
10/4
(土)昼:瀬戸市文化センター

14092930 ハイドンが活躍したオーストリアのアイゼンシュタット近くで毎夏催される、知る人ぞ知る“メルビッシュ湖上音楽祭”。来年、史上初めて海外公演が予定されているが、これはその先触れ。本公演に先駆けて開催されるガラコンサートだ。
 メルビッシュ湖上音楽祭(Seefestspiele Morbisch)は、世界遺産として名高い美しいノイジードル湖畔で1957年に始まり、今や世界最大のオペレッタ・フェスティヴァル。湖上に設けられた幻想的なステージが夏を彩り、毎年約20万人の観客を楽しませている。
 今回来日するメルビッシュ祝祭管弦楽団は1994年、オペレッタ指揮の第一人者ルドルフ・ビーブルを音楽監督として設立され、この20年間に湖上音楽祭で上演される数々のオペレッタを盛り上げ、その多くはCDにも録音され絶賛を浴びている。
 これまで半世紀の間、メルビッシュの地から出ることのなかった、いわば'門外不出'のオペレッタの祭典が、初の引っ越し公演を決断した。
 その栄えある“時・場所”として選ばれたのが、2015年の日本。今年はその2015年の記念すべきオペレッタ引っ越し公演に先駆け、音楽祭の面目をかけたガラ・コンサートなのだ。
 ウィーンのオペレッタ指揮の巨匠にしてメルビッシュ音楽祭の「顔」であるルドルフ・ビーブルに加えて、音楽祭総裁の人気ソプラノ歌手ダグマー・シェレンベルガー、それにバレエダンサーから振り付け師まで、音楽祭を代表するメンバーが集結する。
 2014年、2015年、日本にメルビッシュの風が吹き抜ける! 

指揮:ルドルフ・ビーブル 
管弦楽:メルビッシュ祝祭管弦楽団  
音楽祭総監督&ソプラノ:ダグマー・シェレンベルガー
ソプラノ:イーヴァ・シェル
テノール:アレクサンドル・バデア
テノール:メルサド・モンタツェリ
バレエ:マルタ・カラツソニョーヴァ
バレエ:ウラジミール・スニチェク
振り付け:ラファエラ・ベガニ

【プログラム】
J.シュトラウスII
  
:オペレッタ『こうもり』より
  :オペレッタ『ヴェニスの一夜』より
  :オペレッタ『ウィーン気質』より
  :シャンパン・ポルカ
  :ワルツ「南国のバラ」
  :美しく青きドナウ

F.レハール
  
:オペレッタ『メリー・ウィドウ』より
  :オペレッタ『微笑みの国』より

E.カールマン
  
:オペレッタ『伯爵家令嬢マリツァ』より  


                           
ルドルフ・ビーブル(指揮)Rudolf Bibl, conductor
 ウィーン音楽アカデミーに学び、グラーツ、インスブルック、アン・デア・ウィーン劇場にてキャリアを開始。1969年よりドイツ、トリーア劇場の音楽監督を務めた後、1973年、ウィーン・フォルクスオーパーに招かれウィーンに戻る。以来、現在に至るまで、ウィーンを代表する指揮者として活躍を続けている。日本ほかアジアの国々やイタリア、ドイツ、フランスなどヨーロッパ各地へ招かれての指揮、またラジオ、テレビ出演、CD収録は多数にのぼる。スイスのザンクト・ガレンでのオペレッタの指揮などでも活躍。メルビッシュ湖上音楽祭祝祭管弦楽団を設立し、1995年?2008年は同音楽祭の芸術監督を務めた。1989年、第一級殊勲十字章授与、1991年よりウィーン・フォルスクオーパー名誉会員。1999年ウィーン国立歌劇場デビューの際、オーストリア共和国銀名誉十字勲章を授与。ウィンナ・オペレッタ界を代表する巨匠として、長年にわたり活躍を続けている。

ダグマー・シェレンベルガー(総監督・ソプラノ)
   KS Dagmar Schellenberger,soprano
 C.M.v.ウェーバー音楽大学在学中にドヴォルザーク国際声楽コンクール優勝。モーツァルト・オペラで活躍ほか、ベルリン国立歌劇場『魔弾の射手』アガーテは、ベルリンの新聞にて絶賛され批評家賞を授与。モンテヴェルディ『ポッペーアの戴冠』(マルセイユ歌劇場)、『ジュスティーノ』アリアンナ、『こうもり』ロザリンデ(ベルリン国立歌劇場、ハンブルク国立歌劇場、オペラ・バスティーユ、パリ国立オペラ、チリ国立サンティアゴ・オペラ)など幅広いレパートリーで活躍。2004年ミラノ・スカラ座デビュー、R.ムーティのもと『カルメル派修道女の対話』ブランシュ・ド・ラ・フォルス、チャイコフスキー『スペードの女王』リサなど絶賛を浴びる。共演した指揮者は、K.マズア、F.ルイージ、F.ウェルザー=メスト、N.マリナー、R.ワイケルト、M.ヤノフスキ、M.ユロフスキ、V.ユロフスキ、I.ボルトン、P.ブーレーズ、C.ティーレマン、Z.メータ、R.ムーティ、Y.テミルカーノフなど多数にのぼる。2012年9月、この音楽祭の総監督を引き継いだ。

【東京】9/29(月)13:30 すみだトリフォニーホール大ホール
  全指定  ナビゲーター:池田卓夫 ※休憩なし80分
  Sペア:\15,000 S:\ 8,000 A:\ 5,000   B:\ 4,000  学生:\ 3,500 

【東京9/29(月)19:00すみだトリフォニーホール大ホール
全指定  ナビゲーター:田代万里生、池田卓夫 
Sペア:\28,000 S:\ 15,000 A:\ 10,000   B:\ 8,000  学生:\ 5,000 
ラグジュアリー(後半券):\8,000

【東京】9/30(火)19:00 東京オペラシティコンサートホール
  全指定  ナビゲーター:田代万里生、池田卓夫 
  プラチナ:\20,000(音楽祭特製CD付) Sペア:\30,000
 S:\ 16,000 A:\ 12,000   :\ 9,000  学生:\ 5,000 

【大阪】10/3(金)19:00 ザ・シンフォニーホール
全指定  プラチナ:\20,000(音楽祭特製CD付) Sペア:\30,000 
  S:\ 16,000 A:\ 11,000  B:\8,000
  ラグジュアリー(後半券):\8,000

【愛知】10/4(土)15:00 瀬戸市文化センター文化ホール
全指定  一般:\6,000 大学生以下:\ 3,000 

主催・問合せ:プロ アルテ ムジケ Tel:03-3943-6677
             www.proarte.co.jp   info@proarte.co.jp
協力:一般財団セレモア文化財団(東京公演)
後援:オーストリア大使館、オーストリア政府観光局、日墺文化協会、
       NPO法人日本オペレッタ協会
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »