無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2014年11月 8日 (土)

藤山仁志 バリトン・リサイタル
ピアノ/安田有里
文化庁委託事業 平成 26年度 次代の文化を創造する新進芸術家 育成事業
新進演奏家育成プロジェクト リサイタル・シリーズTOKYO38
12/14
(日)pm2:00
東京オペラシティ リサイタルホール
(京王新線 初台駅東口)

ヴェルディ 哀れな男
 Verdi Il poveretto 
チマーラ 海のストルネッロ
 Cimara  Stornellata marinara
ファリャ 7つのスペイン民謡 より
 Falla  Siete Canciones Populares Espan~olas
オブラドルス スペイン古典歌曲集 より     
 Obradors  Canciones clasicas Espan~olas
ゲレーロ サルスエラ『はやぶさ』より“私の村”
 Guerrero 『Los gavilanes』“Mi aldea”
ジョルダーノ 
   オペラ『アンドレア・シェニエ』より“祖国の敵”
 

  U.Giordano 『Andrea Chenier』“Nemico della patria”     

141214br 「今回は隣国でもあるイタリアとスペインの声楽曲を取り上げます」と、藤山さん。
 この両国の声楽曲でプログラムを企画したのは、両国とも声楽分野で大きいな特徴を持っているからです。歌曲の分野でもその国の作曲家により多くの曲が作曲されました。また音楽劇という分野でもイタリアではオペラ、スペインではサルスエラという、それぞれの特徴を持って発展しました。
今回のプログラムでは両国の代表的な作曲家の歌曲、そしてサルスエラ・オペラを演奏することで、それぞれの音楽(メロディー、言葉、リズム)の違いを表現することを目的として構成いたしました。
藤山仁志 Hitoshi FUJIYAMA バリトン
 オペラでは、04年『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロール(山下一史指揮、M.ワッセルマン演出)をはじめ、『コジ・ファン・トゥッテ』グリエルモ、『フィガロの結婚』フィガロ、『愛の妙薬』ベルコーレ、『ボエーム』マルチェッロ、『アンドレア・シェニエ』ジェラール、『カヴァレリア・ルスティカーナ』アルフィオ、06年二期会『蝶々夫人』ヤマドリ(R.R.プリニョーリ指揮、栗山昌良演出)、08年2月新国立劇場『サロメ』カッパドキア人(T.レスナー指揮、A.エファーディング演出)、11年1、3月『椿姫』(金沢、富山、新潟、福井、兵庫)ドビニー(現田茂夫指揮、オーケストラアンサンブル金沢)、東京オペラプロデュース『ブリーカー街の聖女』サルヴァトーレ、ミラマーレオペラ京都公演『蝶々夫人』シャープレス等出演。愛知県芸術劇場『ファルスタッフ』タイトルロール、錦織健プロデュース『セビリアの理髪師』フィガロ役を始め、新国立劇場『魔弾の射手』、『リゴレット』においてカヴァーキャストを務める。
 コンサートでは「愛知県芸術劇場コンサートホールオペラ・フォーエヴァー」、「二期会 クリスタルコンサート」、「第14回ABCフレッシュ・コンサート』(現田茂夫指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団)、「二期会 オータムコンサート」に出演。また07年MUSICASAにてスペイン・イタリア歌曲を中心としたリサイタル、11年『Viva spana!~ビバ・エスパーニャ! スペインの歌』(廣田美穂、濱口典子共演)を行った。12年6、7月にはイタリア(Busseto、Maleなど)各地でコンサートに出演した。『第九』をはじめ、『メサイア』、『聖チェチーリア・ミサ』、『モーツァルト・レクイエム』のバス・ソリストとしても多数出演。02年『萩・第九』でのルーマニア国立放送室内管弦楽団と共演や、13年静岡交響楽団第51回定期演奏会『第九』(ヴォルフガング・ヴェンゲンロート指揮)に出演するなど、海外の指揮者・オーケストラとも共演している。 出演したオペラ、コンサートでは常に高い評価を得ており、着実にキャリアを積んでいる。第47回日伊声楽コンコルソ入選。第14回 ABC新人コンサート・最優秀賞。第22、27回飯塚新人音楽コンクール入選。第34回イタリア声楽コンコルソ・フィナリスト(入選)。第9回ルーマニア音楽国際コンクール声楽部門第2位(第1位なし)。
 2015年2月には紀尾井ホール『蝶々夫人』(シャープレス役)にてソプラノ歌手Andrea Rost との共演が決まっている。二期会会員。
安田有里 Yuri YASUDA ピアノ
 東京学芸大学大学院ピアノ科修了。これまでにピアノを成川ひとみ、奥田操、椎野伸一、勝谷壽子の各氏に師事。アンサンブル及び声楽伴奏法を故三浦洋一氏に師事。在学中より器楽、声楽の伴奏をはじめ、新作楽曲の発表など数々の演奏会に出演。また主要なコンクール、コンサート、リサイタル等の伴奏をつとめる。第11回カワイ・クラシック・オーディション声楽伴奏部門第2位に入賞し、故畑中良輔、栗山和の両氏より「センシブルタッチで美しく、アーティキュレーションが正確である。かつ細部にまで神経を配ったオーケストレーションにより表現に幅がある」と高い評価を得ている。二期会ピアニスト等を経て渡伊。Leone Magiera、Nicoletta Contiの各氏のもとで研鑽を積む。イタリア・ローマにてLeone Magiera氏のマスタークラス、及びコンサートに出演し、ディプロマを取得。イタリア歌曲、オペラの分野において両氏より信頼を得ている。
全席自由 2,500円 
主催:文化庁/公益社団法人日本演奏連盟
予約・問合せ
 公益社団法人日本演奏連盟
TeL:03-3539-5131 http://www.jfm.or.jp
 東京オペラシティチケットセンター Tel:03-5353-9999
 e+(イープラス)
http://eplus.jp/(PC・携帯共通)
制作:公益社団法人 日本演奏連盟
後援:公益財団法人東京二期会
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »