無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2015年1月31日 (土)

西野優子Vn・小澤佳奈Pf デュオ・リサイタル
南麻布ランチタイムコンサート・139

2/5(木)開演pm12:30 開場 正午
南麻布セントレホール

モーツァルト:ロンド ハ長調 K.373 
陳鋼
(中国):日の光、タシュクルガンを照らす
グルック:メロディ  
クロール:バンジョーとフィドル 
サラサーテ:チゴイネルワイゼン 

150215vn  このランチタイムコンサートは、正午にオープンして開演までの30分、コーヒー・紅茶のサービスでくつろぎ、アンコールを含めて40分ほど。毎週木曜日に開催される。
 今回の演目は、最初のモーツァルトと最後のサラサーテを除いて、初めて聴く曲ばかり。陳鋼は流行歌の作曲家陳歌辛を父に持つ。ピアニストでもあるがヴァイオリン協奏曲で知られている。そそられる演目だ。
 今回のお二人は、学生時代からリサイタルやCD収録など、長年共演しているという。
 西野優子さんは、桐朋女子高等学校音楽科、同大学ソリストディプロマコースを経て渡英、ギルドホール音楽院にて学び、同音楽院高等演奏家ディプロマ取得。
 帰国後、第6回国際芸術連盟新人オーディション最優秀新人賞、日本モーツァルト音楽コンクール第二位、ハーヴァーヒルソリストコンクール(英)第一位入賞。メイジールイス演奏家賞(英)受賞。なんと、10歳で東京シティーフィルハーモニー管弦楽団と協演。13歳でリサイタルデビューと早咲きだ。
 これまでに、東京交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ウィーン室内管弦楽団、上海交響楽団、アモイ管弦楽団、山西歌劇楽団、広州珠影楽団、マカオ交響楽団、パンアジア交響楽団ほか、数多くのオーケストラと共演。NHK、BBC(英)、ABC(米)、中国中央テレビ、香港鳳凰テレビほか多数のメディアにたびたび出演の他、各国の音楽祭にも招かれ演奏。アジア、ヨーロッパ、北米の各地でソロ及び室内楽奏者として活動をしている。
2000年フィルハーモニア管弦楽団と共演のグリエール/ヴァイオリン協奏曲(英ASV レコード)では、<ストラド>誌のCD部門特選に選ばれ、2007年リリースのソロアルバム<鳴琴1>中国作品集及び2009年リリースの<鳴琴2>ヴァイオリン名曲集 (中国広州音像出版社)では、北京最優秀CD賞を受賞等、国内外で高い評価を受けている。
 ピアノの小澤佳奈さんは、都立芸術高等学校、武蔵野音楽大学卒業。桐朋学園大学アンサンブル・ディプロマコースを経て渡英、ギルドホール音楽院アンサンブル科を修了する。ピアノを志茂静、岡野寿子、三浦みどり、ロイス・フィリップス氏、室内楽を木村徹、練木繁夫、藤井一興、和波孝禧、ゴードン・バックの各氏に師事。ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院マスタークラス、ローマ国際ピアノコンクールデュエット部門にてディプロマ受賞。ロンドンDaiwa Foundation主催によるソロ・リサイタルで日本人現代作曲家の英国初演を行なう。ストックホルム、英国各地でコンサートを行なう他、英国BBCラジオにも出演。また、蓼科音楽祭・女神湖ミュージックキャンプ、イタリア・ピエディルーコ音楽祭のアシスタントピアニストを歴任する。現在、国内外でソロや室内楽のコンサートのほか、映画、演劇とのコラボレーション等、様々な形での演奏活動を行なっている。ヴァイオリニスト西野優子とは学生時代から、イギリス、ハワイ、中国などでのコンサート、またCD録音などでも共演を重ねている。今後も演奏活動を行っていく予定という。
会員500円 一般1000円
申込み:南麻布セントレホール
 Tel 03-5791-3070 Fax: 03-3446-3866
 www.centre-hall.com/  東京都港区南麻布4-12-25 南麻布セントレ3F
主催:サポート ミュージック ソサイエティ
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »